無糖のものを選ぶ

紅茶の糖質は100gあたり0.1gとわずかですが、入れる牛乳や、砂糖の量によってカロリーや糖質量が大きく変わります。糖質はとりすぎると肥満をまねく原因になるので、ダイエット中は注意しましょう。

市販のミルクティーは、砂糖を多く含んでいるものもあります。ダイエット中は無糖のものを選べば、ヘルシーなミルクティーを楽しめますよ。(※8,9)

低脂肪牛乳を使う

ミルクティーに使用する牛乳のカロリーや脂質が気になる方は、低脂肪牛乳を使うのがおすすめです。100gあたりの普通牛乳のカロリーは67kcal、脂質は3.8gですが、低脂肪牛乳は46kcal、脂質は1.0gです。

普通牛乳を低脂肪牛乳に変えるだけで、カロリーと脂質を抑えることができますよ。低脂肪牛乳でも使う量が多いとカロリーや脂質が高くなるので、使用量には気をつけましょう。(※13)

砂糖の量を控える

ダイエット中は無糖のミルクティーがおすすめですが、砂糖を入れたい場合は少量にしましょう。砂糖大さじ1杯(9g)あたりには、8.9gの糖質が含まれています。砂糖の量を控えるとカロリーや糖質も下がるので、へルシーなミルクティーになりますよ。

また、スパイスを入れるのもおすすめの飲み方です。香りが豊かになって味わい深くなるので、甘みが少なくても満足感の高いミルクティーになります。(※14,15)

ダイエット中でもおいしく。ミルクティーレシピ2選

1. シナモンアイスミルクティー

ダイエット中でも安心して飲める、砂糖不使用のアイスミルクティーです。電子レンジで作るレシピなので、簡単にできておもてなしにもぴったりですよ。シナモンの香りがよく、砂糖を入れなくてもおいしく飲むことができます。

2. カルダモン入りミルクティー

カルダモンを入れる、スパイシーなミルクティーです。鍋でミルクティーを作り、仕上げにカルダモンのパウダーを入れるだけなので、とても簡単ですよ。ダイエット中は砂糖の量を控え、香りを楽しんで飲みましょう。

ヘルシーなミルクティーを楽しもう

ミルクティーは入れる砂糖や牛乳の量によって、カロリーや糖質量が大きく変わる飲み物です。砂糖の量を控えれば糖質をぐっと抑えられ、牛乳を低脂肪乳に変えることで、よりヘルシーなミルクティーになります。

ご紹介したレシピのように、スパイスを入れるのもおすすめの飲み方です。香りがよくなり、砂糖を入れなくても豊かな味わいになりますよ。

ダイエット中はいつもと違うレシピにチャレンジして、いろんなミルクティーを楽しんでみてくださいね。
【参考文献】
(2021/03/28参照)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ