ライター : Raico

製菓衛生師 / スイーツ&フードアナリスト / フードライター

情報誌の編集・ライターとして出版社に勤務後、パティシエとしてホテル・洋菓子店・カフェレストランにて修業を重ね、デザート商品開発に携わる。一方でフードコーディネーター、ラッピ…もっとみる

濃厚でなめらか♪ チョコババロアの作り方(調理時間:30分)

Photo by Raico

※冷やし固める時間は除く
チョコレートと卵黄を使う濃厚なババロアのベース生地に、たっぷりの生クリームを加えて冷やし固めるレシピです。

ベース生地の火入れを丁寧におこなってから生クリームを混ぜ合わせることが、おいしさのポイント。ふんわりと口どけがなめらかで、リッチな味わいが楽しめますよ。

ワンポイントアドバイス

沸かした牛乳を卵黄と砂糖に混ぜたら、鍋底が焦げ付かないようゴムベラで混ぜながら加熱しましょう。とろみが付いたらOK。少量のため火が入りやすいので気を付けてくださいね。火を入れすぎると分離してしまい、舌触りが悪くなる原因になります。

またババロアのベースはしっかりと粗熱を取ってから、泡立てた生クリームと合わせてくださいね。

材料(カップ約6個分)

Photo by Raico

・卵黄……2個
・砂糖……30g
・牛乳……200cc
・生クリーム……150cc
・チョコレート……80g
・粉ゼラチン……小さじ2杯
・水……大さじ3杯

下準備

Photo by Raico

・チョコレートは細かく刻んでおきます
・水に粉ゼラチンを振り入れて、戻しておきます

作り方

1. ババロアのべース生地を作る

Photo by Raico

ボウルに卵黄と砂糖を入れて泡立て器ですり混ぜます。沸騰直前まで温めた牛乳を少しずつ加えて混ぜ合わせたら、こし器に通して鍋に戻します。

2. チョコレートを加える

Photo by Raico

弱~中火にかけてゴムベラで混ぜながら、鍋底が焦げないようにとろみを付けます。火を止めてゼラチンとチョコレートを加えて混ぜ合わせ、粗熱を取ります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ