ライター : bluesheepmico

主婦 / インスタグラマー

ドーンとおかずを乗せたインパクト大なのっけ丼が、食欲そそる…と大人気!「おいしい」より「うまい!」が似合う、迫力満点の料理を召し上がれ♪

香りと食感を格上げ!スーパーの鰻をおいしく食べよう

Photo by biueseepmico

皆さまこんにちは。

新米がおいしい季節ですね。新米に合うおかずについて考えだすと……あれやこれやと妄想が止まりません。甘辛ダレとふっくらした身がたまらない鰻はなかでも好物で、タレだけでご飯が一膳食べられます。

鰻の旬は夏だと思われがちですが、実は秋から冬にかけてらしいんです。それを聞いて「あぁ新米にのせて食べたい!」と猛烈な欲求にかられ、居ても立っても居られなくなり、スーパーへGo! 鰻を購入しました。もちろん輸入品ですが、それでも昨今はまぁまぁのお値段です。

Photo by biueseepmico

今日はそんなスーパーの鰻をよりおいしく食べる方法をご紹介しようと思います。それではレシピをどうぞ。

材料(3人前)

・鰻……2尾
・酒……大さじ3杯
・タレ……適量

スーパーの鰻をおいしくする方法(作り方)

1. まずは鰻の表面を洗う

Photo by biueseepmico

鰻の表面のタレをぬるま湯(35℃くらい)できれいに洗う。キッチンペーパーで水分を拭き、一尾を三等分に切る。

2. 鰻を蒸し焼きにする

Photo by biueseepmico

フライパンに鰻を並べて酒を回しかけ、強め中火でサッと蒸し焼きにする。

3. ハケを使いタレを塗る

Photo by biueseepmico

鰻の表面にハケでタレを塗ったら完成。

Photo by biueseepmico

鰻を洗うと聞いて、えっ!と思われるかもしれませんが、あの表面のヌメヌメを洗い流すことで、鰻独特の臭みがとれます。

また、多めの酒で蒸し焼きにすると身がふっくらとしてとてもおいしくなります

Photo by biueseepmico

ご飯にドドーン!とのせて、お好みでさんしょうを振り、わさびを添えて召し上がれ。

貴重な資源をおいしくいただく

Photo by biueseepmico

いかがでしたか?

秋刀魚や鰻のここ最近の不漁を聞くと、日本は大丈夫だろうか?いつかは魚が食べられなくなるんじゃないかと不安になります。せっかくの貴重な食材、おいしくいただきたいものですね。ぜひ試してみてください。

マカロニメイトは随時募集中!登録は以下のリンクからどうぞ!
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS