塩気は控えめに

Photo by macaroni

「旦那さんは自宅でリモートワークの日と会社に出社する日が週に半分ずつくらいで、出社した際の昼食はほどんど外食。“お昼に何を食べたの?”と尋ねると、牛丼や定食、たまに“ラーメンを汁まで飲み干した”という恐ろしい答えが返ってくるときがあるので、夕飯はなるべく塩分を控えめにした味付けや減塩の調味料を使うよう心がけています。

減塩ってむずかしそうに思いますが、意外と簡単なんです!減塩献立を紹介している記事もあるので、こちらも参考にしてみてくださいね。」

まとめて買ったら、「冷凍下味」がおすすめ!

Photo by macaroni

「まとめ買いをした食材は下味冷凍にして保存することが多いです。下味冷凍をしておくと、作るときには味がしっかりと染み込んでいるし、調理も楽なので気に入ってます。

お肉などは大容量パックの方が安いことが多く、賞味期限内に使う分は冷蔵庫で保存して、余りそうなものはそのまま冷凍するのではなく、調味料をもみ込んでから冷凍庫へ。例えば、豚こま切れ肉も焼肉のたれをもみ込んでから冷凍し、調理する日の朝に冷蔵庫に移すと、夕飯までには半解凍された状態に。そのままフライパンで炒め、野菜を加えると簡単に野菜炒めの完成!

私のお気に入りは味噌漬け。鶏肉でも豚肉でもどんなお肉も味噌漬けにして冷凍すると、お肉がやわらかくなり、焼くだけで調理時の味付けは不要になるのでとても楽ですよ。」

【おまけ】しんどいときは徹底的に手を抜く

Photo by macaroni

「以前体調を崩したことがあって、ひどい時期はキッチンに立つことさえもひと苦労。料理の匂いも辛くて、調理するのはもってのほかという状態に。

昼も夜も冷凍食品に頼りっぱなし!という状況だったんですが、少しずつ料理ができるようになったので、包丁や火を使わず、レンジで調理する献立を考えるようになりました。手作りですが、少し手を抜くだけいつもよりもかなりラクになるんです。

この日は、和風麻婆豆腐豆苗ナムルの献立。どちらもレンジ調理で包丁いらずなので、2品で10分もかからず、とても楽に作ることができますよ。レシピの詳細は以下の記事に掲載しています!」

ライフスタイルにあった食事作りが大切!

「本当は毎日スーパーに行って、その日食べる分だけを買って新鮮なお肉や野菜を食べた方がいいんだろうな〜とは思いますが、私には無理!なので、頼れるものには頼って、自分にあったライフスタイルで食事作りを楽しもうと思っています。

作るのがしんどいときは丼や麺類などささっとできるものにするときもあるし、元気があるときに仕込んで置いた下味冷凍が救世主になることも!

“毎日きちんと作る!”と気を張らず、その日の体調や、やる気に身を任せて毎日のごはん作りをしています。大切なのは、楽しくおいしく食べること。"作れるときは作る、しんどいときは無理しない" というスタンスで、日々の食事を楽しみましょう〜!」
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS