ライター : macaroni編集部

macaroni編集部のアカウントです。編集部が厳選するおすすめ商品・飲食店情報、トレンド予想や有識者へのインタビュー、暮らしに役立つ情報をご紹介します。

記事を書いたのは……

macaroni 副編集長 / 高倉遼
「手料理には時間をかける」ことがモットーの、出張料理人でホムパ狂。おうち時間の増加に伴いビールの消費量も増加、いよいよ体にガタが来つつあるmacaroniの副編集長。

とにかく食べたい。だから走ります。

こんにちは、macaroni副編集長の高倉です。

職業柄、食べるのも飲むのも好きで好きで仕方ない性分。ですが、ついにミソジも迎えまして、いよいよ基礎代謝が落ちてきたなぁ、と感じる日々が続いています。

そんな折、先日の健康診断で「痛風予備軍」と判定されてしまいました。体重と腹囲の増加率もなかなかのレベルとのことで、本格的に身体の衰えを実感しているところ。

「さすがにこれはマズいのでは!?」という危機感から重たい体にムチを打ち、ランニングでも始めてみるか……と思い立ったのです。

この連載では、そんな僕のランニングの記録と成果を、最近の食卓事情と一緒にお届けできればと思います。目指せ、5kg減!

走る前に:最近、揚げ物が好きなんです。

Photo by Ryo Takakura

ランニングのお話を始める前に、最近の僕の食生活を少しだけご紹介できればと思います。

おうち時間の到来によって、以前よりも料理へのこだわりが強まり、カロリーも手間も無視して、作っては食べ、作っては食べ……を繰り返してしまっています。

特に最近は揚げ物にハマっていまして、メンチカツやらエビフライやら、せこせこ揚げるのが毎週末の楽しみに。

Photo by Ryo Takakura

いやほんと、家でこういうものばかり食べているから、ちょっとくらい体にガタがくるのも致し方ないですよね。という言い訳です。

おかげさまで、パン粉との付き合い方は格段にうまくなったと自負しています。……そんなことはどうでもよくて、体との付き合い方をうまくする必要があるんですよね、はい。

まずは、ランニングシューズを購入!

Photo by Ryo Takakura

新しい取り組みは形から……ということで、ランニング用のシューズを10足ほど試着し、最終的に「on」というスイスのメーカーが手掛ける"Cloud"という一足をゲット。

実は4〜5年ほど前にも、ランニングを始めよう!と思い立ち、手持ちのスニーカーで走ったことがありました。

なのですが……その時は速攻で足裏をかるーく故障しまして。友人に聞いたところ「靴はちゃんと選ばなきゃダメ!」と叱られたので、今回は靴を買うところから。

その名の通り、雲の上を走るような軽快さで、足への負担が少ないにも関わらず、踏み込んだ反動でぐいっと前に進むような、気持ちの良い走り心地。

デザインもいい感じで普段遣いにもよさそうなこともあり、この靴に決めました。
頼むぜ、相棒!

まずは、1日20分から始めてみた。

Photo by noritamaco

さて、本題に入ります。件の友人に「運動音痴がランニングをはじめるには、どの程度からがいいの?」と聞いてみました。

返ってきたのは「時間走がおすすめ!」という答え。なんでも"1日〇〇km"と目標を決めてしまうと、距離やスピードを無意識に気にしてしまい、無理がたたって継続できなくなる人が多いそうです。

また、時間を決めて走ると、日々のルーティンに組み込みやすいし、好きなプレイリストを組めるのも一興とのこと。

なるほど、これは確かに!ということで、まずは"1日20分"の時間走からはじめてみました。

あれ、意外と走れるかも!?

Photo by noritamaco

おそるおそる走りはじめてみたところ、「20分って普通に走れるな……?」ということに気がつきました。

忍耐力はないくせに、昔からこういう持久力だけはあるんですよね。

また、走ってみて気がついたこととしては、わかりやすい目標に向けて無心に体を動かす行為は、とても心地がよいということ!

確かに疲労感は蓄積されていきますが、日々着実に目標を超えて定期的に達成感を得られるというのは、精神的にもプラスになるような気がします。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS