ライター : macaroni編集部

macaroni編集部のアカウントです。編集部が厳選するおすすめ商品・飲食店情報、トレンド予想や有識者へのインタビュー、暮らしに役立つ情報をご紹介します。

記事を書いたのはこの人

macaroni 編集部 編集長 / おーしゃん
macaroni編集長でありながら、編集部を完全に副編集長(最近、連載でひたすら近所の公園走ってる男ねw)に任せっきりな毎日。料理も全然せずに、もう一つの趣味であるDIYで雑誌に取材されて喜んでいる。プライベートでやたらとカメラ機材を買い漁っているが、そんなに使いみちもない……。

ワタシとコンビにファミリーマ〜ト♪

最近は忙しい日が続きますね〜。料理も完全にサボり気味、インスタのフォロワーは減るばかり......泣。(@freeride_cooking ふぉろーみー!!)

というわけで、忙しくて「だるい日」にパパっと作れて、活力がみなぎる「キムチ焼きうどん」の作り方を伝授します。

しかも今回は、ファミリマートの食材を使って5分で作ります。実は僕、自宅から徒歩10分圏内になんと7軒のファミマがあり(どんだけあんのよ!)、一番近いところは家から1分。そしてファミマのむぎチョコが大好きです!あとファミチキの……というのは置いといて、さっそくご紹介しますね。

だるい日は、5分で作るパワー全開「キムチ焼きうどん」

Photo by macaroni

味付けはキムチと醤油とごま油ベース。最強です!これだけで味がキマってしまいます。僕の場合はそこに魔法の調味料「味の素」君に登場してもらって、さらに旨味を引き出します。これを食べれば1日頑張れる、パワー飯でもあるのです。しかも調理時間はたったの5分!

ファミマで買ってきた食材たち

Photo by macaroni

ファミリーマートには「お母さん食堂」というシリーズの便利な食材がたくさんあります。これらを使って、手抜きしながらおいしいものをスマートに作るってのが、現代人には重要ですね(言い訳)。

買ってきたのは、「もやし野菜炒め」(洗わずに使える!)、「冷凍うどん2食」「おつまみチャーシュー」「旨辛キムチ」。ちょっと肉が欲しいときに、このおつまみチャーシュー使えますよ!たまに食材がそろわないとセブン-イレブンに浮気しますが……。

用意したもの

Photo by macaroni

続いて、家にある調味料なども用意。醤油ごま油(かどやの濃い口ね)、味の素鰹節天かす(あとで旨味玉に変わります)。撮影用に鰹節と天かすを小皿に盛っていますが、普段は袋のままサバーっと投入しています。

それぞれの分量は
・醤油……チョロチョロチョロロ〜
・ごま油……グルングルンクルっ
・味の素……ササササッサッサ
・天かす……パラパラパラパラ
・鰹節……フサフササッサ

くらいです。すみません、普段分量を計って調理することがないので、何ミリリットルがどれくらいの量とか全然わかりません。フィーリングでお願いします(陳謝)。

作り方は超簡単!洗い物も少なめ!

ではさっそく作り方へ。だるい日のご飯なので、洗い物はほとんど出さない方向で調理します。

Photo by macaroni

冷凍うどんの袋の上部だけ開け、お湯を袋の中に張ります。一回捨ててもう一度お湯を入れて放置。しばらくすると解凍されます。お皿を使わず洗い物を出さない!

Photo by macaroni

解凍してる間にフライパンをあたためて、ちょっとだけ油(我が家はこめ油)をひいて軽く野菜を炒めます。おつまみチャーシューも投入します。あっ、フライパンはティファールね。

Photo by macaroni

解凍したうどんは、ザルも使わず袋を逆さにして水を切り、炒めた野菜の上にのせます。水を切るとき、よく流し台にうどんを落としますが、気にしない気にしない……。

Photo by macaroni

続いてキムチ1パックをドンっとそのまま投下。天かすもパラパラパラとのせます。

Photo by macaroni

そして、天かすに醤油を染み込ませ味の素をふりかけます。これで、天かすが旨味玉に変身です。うどんをのっけるところからここまでは、急がないと野菜に火が入りすぎるので注意!

Photo by macaroni

続いては全部に火が入るようにサッと炒めましょう。水分を飛ばしながら豪快に炒めていると、たまにもやしが外に逃げ出しますが、そのときは静かに戻してあげましょう。

Photo by macaroni

でました!最後に香り高いごま油君が登場です。これはマスト!かどやの濃い口ごま油ね(2回目)。全体に行き渡るように軽く混ぜながら炒めたらできあがり
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS