6. 味噌&豆乳で。鮭の和風カルボナーラ

鮭のほぐし身を具材にすると、手軽に和風カルボナーラが作れます。味の決め手は、豆乳と味噌。隠し味にピーナッツバターを加えることで、生クリームなしでも濃厚な味わいが楽しめます。塩鮭を使うときは、全体的に調味料を控えめにするとバランス良く仕上がりますよ。

7. カラフル♪ そら豆とえびのカルボナーラ

目でも舌でも楽しめる、カラフルなカルボナーラレシピです。そら豆のホクホク感と、えびのプリプリ感が楽しく、もっちりパスタとの相性が抜群。幅広パスタのタリアテッレで作ると、本格イタリアンのように仕上がりますよ。卵液に火が通りすぎるとパサついてしまうので、さっと混ぜて盛り付けましょう。

8. 香ばしさ抜群。鶏チャーシューのカルボナーラ

甘辛い鶏チャーシューを具材にすると、ボリュームのあるカルボナーラを楽しめます。鶏チャーシューにしっかり味が付いているので、一緒に炒める野菜は味付けなしでOK。ソースは手作りでも良いですが、レシピのように市販品を使うとより手軽に作れます。忙しい日の夕ごはんや、ぱぱっと食べたいランチにいかがでしょうか?

9. 意外なコンビ!豚キムチカルボナーラ

Photo by macaroni

豚キムチ×カルボナーラの意外な組み合わせがクセになるおいしさのひと品です。豚キムチを作るフライパンでそのままパスタをゆでるので、洗い物が少ないのもうれしいですね。キムチの辛みや風味がパスタに染みわたり、15分で作れるとは思えない味。

【変りダネをプラス】カルボナーラのアレンジレシピ3選

10. マイルド♪ 納豆カルボナーラ

チーズや牛乳で作るクリームソースに納豆を加えるカルボナーラは、マイルドでクリーミーな口当たりが魅力です。ソースはフライパンで温めておき、ゆでたてパスタに和えるだけで簡単にできますよ。納豆や卵黄などをトッピングしたら、豪快に混ぜてくださいね。

11. 磯の香り。塩昆布のカルボナーラ

塩昆布とベーコンの塩気だけで、ぴたりと味が決まる簡単カルボナーラのレシピです。塩昆布の風味と旨みがまろやかなソースに染みわたり、驚くほどのおいしさ。黒胡椒を多めに振ってアクセントにするのがポイントです。磯の香りがふわりと広がる和洋のハーモニーを楽しみましょう。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ