ライター : Raico

製菓衛生師 / スイーツ&フードアナリスト / フードライター

情報誌の編集・ライターとして出版社に勤務後、パティシエとしてホテル・洋菓子店・カフェレストランにて修業を重ね、デザート商品開発に携わる。一方でフードコーディネーター、ラッピ…もっとみる

ガレット・デ・ロワとは?

ガレット・デ・ロワとは、フランスでおこなわれる1月6日の公現祭において、キリスト誕生を祝って食べられるお菓子。クリスマス後~1月前半にわたり、パン屋や洋菓子店で販売されます。

パイ生地にフランジパーヌ(アーモンドクリーム)を詰めて焼くパイ菓子で、フェーブと呼ばれる陶製の人形が入っています。切り分けて食べるときに入っていると、その1年は幸福が続くといわれ、家族や親せきなど大切な人たちとテーブルを囲んで食べることが新年の習慣に。フェーブのモチーフは豆やパン、キリストにまつわるものなど多彩で、コレクションするのも楽しみのひとつです。

菓子の表面には月桂樹の葉や太陽などの模様が描かれ、新年を祝うとともに自然への感謝の意味も込められています。

冷凍パイシートで!ガレット・デ・ロワの基本レシピ(調理時間:90分)

Photo by Raico

ガレット・デ・ロワといえば、フェーブを当てるのが楽しみのひとつ。この記事では代わりにアーモンドをローストして忍ばせます。ご家庭でも作りやすいように冷凍パイシートを使い、アーモンドクリームを詰めて仕上げる簡単レシピです。しっかり焼くとパイがサクサクで香ばしく、時間が経っても焼きたてのおいしさが味わえますよ。

材料(直径18cm1台分)

Photo by Raico

・冷凍パイシート……150g(20.5cm×20.5cmのもの)×2枚
・卵……1個
・水……適量
・フェーブまたは代用のもの(ナッツ類やドライフルーツなど)……1個

アーモンドクリーム

・無塩バター……50g
・グラニュー糖……50g
・卵……50g(1個)
・アーモンドパウダー……50g
・薄力粉……10g
・ラム酒……大さじ1/2杯

シロップ

・砂糖……20g
・水……大さじ1杯

きれいにおいしく作るためのコツ

Photo by Raico

ご家庭でも作りやすいよう、冷凍パイシートを使用します。どうしても生地が扱いづらいため、作業しているとやわらかくなってしまうことも。手早く作業し、冷蔵庫で冷やしながらするとやりやすくなりますよ。

ご紹介するレシピでは中身にアーモンドクリームを使用しますが、フランスでは「クレーム・フランジパーヌ」と呼ばれるカスタードクリームとアーモンドクリームを合わせたものを使うのが一般的です。やわらかいクリームにしたい場合はクレーム・フランジパーヌを、お手軽に作りたい場合はアーモンドクリームにするといいでしょう。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS