ライター : megyu

食生活アドバイザー

海外の料理に興味があり、おしゃれでおいしいレシピを探すのが大好き。家族に喜んでもらえる新しいレシピを日々勉強中です。

お祝いの定番「ガレット・デ・ロワ」

フランスの伝統菓子

「ガレット・デ・ロワ」はフランス発祥の伝統的なお菓子のこと。ガレットはフランス語で丸く焼いたお菓子や料理のことを意味し、ロワとは王様を表す言葉です。

味や見た目の特徴

ガレット・デ・ロワは一般的には丸い形をした薄いパイケーキで、中にアーモンドクリームが入っています。しかし地域によって異なっており、フランス南部ではパイ生地ではなく、ブリオッシュ生地にドライフルーツやオレンジなどが入ったものが食べられています。

フェーブが入っている

ガレット・デ・ロワには「フェーブ」と呼ばれる当たりくじのようなものが入っています。フェーブとは空豆という意味で、もともとは乾燥した空豆が入れられていました。最近では、小さな陶器のお人形を入れるのが一般的になっています。

ガレット・デ・ロワの楽しみ方

お祝いの定番

ガレット・デ・ロワはキリストの祝日「公現祭」のときに食べられるお菓子です。イエスキリストが「東方の三賢人」に神の子として見いだされた日で、家族や仲間が集まってお祝いをするときに大勢で食べるのが慣習とされています。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS