フェーブが当たったら

ガレット・デ・ロワは大勢が集まったときにみんなに切り分けるのが一般的です。中にひとつだけ入っているフェーブが誰に当たるかを楽しみながら食べるのがガレット・デ・ロワの食べ方♪ フェーブが当たった人は、幸運が一年続くという言い伝えもあり、ケーキに添えてある王冠を被って、王または女王としてみんなからの祝福を受けます。

ガレット・デ・ロワのレシピ5選

1. パイシートでお手軽♪シンプルガレット・デ・ロワ

むずかしいイメージのあるガレット・デ・ロワですが、パイシートを使用すればとっても簡単に作ることができます。中に入れるアーモンドクリームも材料を混ぜ合わせるだけ。あとは型にパイシートを敷き、クリームを詰めて焼けば完成です♪

2. ミニガレット・デ・ロワ

こちらはミニサイズのガレット・デ・ロワ。直径8cm程度の円形に型抜いて作ります。切り分けて食べるのではなく、ミニサイズのガレット・デ・ロワを自分で選んでもらう方法も楽しそうですね!

3. カスタードガレット・デ・ロワ

こちらのカスタードガレット・デ・ロワはアーモンドクリームにカスタードクリームを混ぜ合わせています。カスタードクリームの濃厚な甘さが加わり、ボリューム感のあるガレット・デ・ロワが味わえます。

4. チョアーモンドクリームのガレット・デ・ロワ

ガレット・デ・ロワの中身はカスタードクリーム以外にもアレンジできますよ。こちらは板チョコを使ったチョコアーモンドクリーム入り♪ チョコレートの甘い香りがたまりません。

5. スペイン風ガレット・デ・ロワ

こちらは公現祭のときにスペインで食べられるガレット・デ・ロワ。スペインではロスコン・デ・レジェスと呼ばれているお菓子です。パイ生地ではなく、オレンジ果汁が練りこまれたパンの生地で作られています。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS