ライター : ササキマイコ

横浜市中区で150種類の植物を栽培しながら男子2人を育児中。明日の活力になる笑顔溢れる食卓作りに日々全力投球。

ピーマンと塩昆布のうま和え(調理時間:10分)

Photo by ササキマイコ

ピーマンを細切りにして炒めるだけで完成する、ピーマンの塩昆布和えです。すぐに作ることができるので、あとひと品副菜が欲しいときに活躍しますよ。作り置きや、お弁当のおかずにもおすすめです。

材料(2人分)

Photo by ササキマイコ

・ピーマン……4個
・塩昆布……小さじ1杯
・醤油……小さじ1杯
・胡麻油……小さじ1杯

ピーマンの苦味を抑えるためのコツ

ピーマンの苦味成分を含む細胞は縦に並んでいるため、縦に包丁を入れると細胞を傷つけず、苦味が出にくく、お子さんでも食べやすくなりますよ。

またじっくりと炒めることで、苦味が和らぎ甘みが増します。急激な温度変化を与えないため、フライパンには油を引かず、冷たい状態でピーマンをのせてから火をつけるようにしましょう。

作り方

1. ピーマンの種とヘタを取りのぞく

Photo by ササキマイコ

ピーマンに縦に包丁を入れ2等分にし、種とヘタを取りのぞいたら、横に2等分に切ります。

2. ピーマンを細切りにする

Photo by ササキマイコ

ピーマンの苦味成分を含む細胞は、縦に並んでいます。細胞を傷つけると苦味が出るため、なるべくピーマンの繊維を断ち切らないよう、縦に細切りにしましょう。

3. ピーマンをフライパンに並べる

Photo by ササキマイコ

冷たいフライパンにピーマンを並べたら、中火にかけ、じっくりと炒めましょう。急激な温度変化を避けるため、油は引かずに炒めます。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS