ライター : YURI

ソムリエ・チーズプロフェッショナル

資格:J.S.A.ソムリエ、C.P.A.認定チーズプロフェッショナル、食生活アドバイザー3級。『もっと楽しく、もっと気軽に、もっとおいしく!』をモットーに誰でもワインとチーズを気軽に楽…もっとみる

オレンジワインとは

オレンジワインとは、簡単にまとめると白ワイン用のブドウを赤ワインの造り方で仕上げたワインのこと。一般的な白ワインは、皮や種を取り除き果汁のみで発酵させ造ります。

しかし、オレンジワインは皮や種と共に発酵させるため、オレンジ色のような色調のワインができあがるのです。

オレンジワインの魅力

どんな料理にも合わせやすい!

オレンジワインは、一般的な白ワインと比べるとタンニン(渋味)や味わいの深みが強いのが特徴です。旨味が強い分、ステーキや味わいのしっかりした料理にも合わせることができます。

また、日本食や発酵食品にも合うことが分かっています。味噌やクサヤ、漬物などにも合うと評判です。ぜひ試してみてださい。

開栓してから時間が経つほど、おいしくなる!

ワインはタンニン(渋味)を含むと、酸化しにくく時間が経つごとに変化を楽しめるという特徴があります。

オレンジワインは、タンニン(渋味)を含むので、すぐに酸化して飲めなくなることが少ないです。開栓して、時間が経つごとに渋みがまろやかになり、ワインに旨味が溶け込みます。

ひと口にオレンジワインと言っても、白ワイン寄りのものから赤ワイン寄りのものと味わいはさまざまです。時間をかけて楽しみたい方は、タンニンの多い赤ワイン寄りのオレンジワインを選びましょう。

生産地と造り手の個性を楽しめる!

オレンジワインは、その土地の土着品種や自然派ワインで造られることがよくあります。土地の味わい、ブドウの特徴、造り手の個性を感じながら飲みたいときには、おすすめのワインですよ。

もっと知りたいオレンジワインのこと

オレンジワイン2大生産地

オレンジワインの2大生産地と呼ばれているのは、ジョージアとイタリア・フリウリ地方。ジョージアは、遡ること約8000年前からオレンジワインを手がけており、とても長い歴史があります。イタリアは、1990年後半に革命的な製法を生み出し、オレンジワインを世界中に広めたきっかけを作ったことで有名です。

このようにジョージアとイタリア・フリウリ地方は、偉大なオレンジワイン生産地なのです。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS