ライター : 島田 みゆ

旅&グルメ&フォトライター

~美味しいものを目指して、世界の果てまでどこまでも~ ビジネススキル系の企画編集者を経て、ライターへ。日本各地、世界各国の「現地の食文化」や「おすすめグルメ」を堪能するの何よ…もっとみる

ワインを「ジャケ買い」してみよう

これからの季節、クリスマスや年末などイベントの機会も増えるはず。そんなとき、おしゃれなワインでちょっと華やかにできたら素敵ですよね。

でも「何を選んだらいいのかわからない」という人も多いのではないでしょうか?そんなときは、ジャケ買いがおすすめ!誰にでもできる「ジャケ買い」のポイントをご紹介します。

教えてくれるのは、日本橋・茅場町「ワインアンドウィークエンド」のオーナー・スージーさん

Photo by 島田 みゆ

訪れたのは、東京メトロ東西線「茅場町」駅から徒歩3分の「Wine and Weekend(ワインアンドウィークエンド)」。

Photo by 島田 みゆ

「むずかしく思われがちなワイン選びを、誰でも気軽に楽しんでほしいと思い『ジャケ買い専門店』を作りました」

そう語るのは、オーナーの岩本さん。お店では「スージーさん」の愛称で親しまれています。

元CA(キャビンアテンダント)で、ソムリエ資格の持ち主。ワインの見た目だけでなく、ソムリエとして味わいにもこだわります。

Photo by 島田 みゆ

「私自身がおいしいと思ったものはもちろん、身体と地球環境にやさしいもの、減農薬や無農薬のものを厳選し、常時80種ほどそろえています。」(スージーさん)

Photo by 島田 みゆ

▲飲み会前の「0次会」として角打ち(店頭で立ち飲みすること)利用してほしいという想いから、「Terminal(ターミナル)0」をコンセプトに掲げる。店内外の角打ちスペースで、3ランクの日替わりワインが楽しめる

プロに聞く!ジャケ買いの楽しみ方

Photo by 島田 みゆ

ージャケ買い向けワインのラベルには、何が描いてあるのでしょう?

スージーさん(以下、スージー):ラベル(ワインではエチケットともいう)に描かれている情報はさまざま。ワインに込めた想いを表現したり、動物やお子さんのイラスト、そのワインに合う食べ物をデザインしたり、本当に自由なんです。

ただ共通して、ラベルにこだわる生産者さんは、ワイン造りにも確固たるポリシーをもっている人が多いですね。ワインに対する熱い想いや作られるまでのストーリーが、ラベルに込められています。

お店では、そういった背景についてもお話しているので、ラベルと一緒に、ぜひ生産者さんたちのストーリーも楽しんでほしいですね。

Photo by 島田 みゆ

▲ラベルには自然派認証マーク(左)、Bio認証マーク(右)のようなマークがある場合も。取得に時間も金額もかかるため、該当していてもあえて取得していない生産者も多いそう
ージャケ買いのポイントを教えてください。

スージー:シンプルに、見た目のインピレーションで選ぶのが一番です!ラベルは、作り手がワインにどんな想いを込めているかを語る大きな手段。直感でピンときたもの、好きなものや心に響いたもので選んでみてください。

ギフト用であれば、贈る相手を思い浮かべてみましょう。「猫が好きだから猫のラベルのもの、太陽のように明るい人だから太陽の入ったラベルのもの」……こんな風にセレクトしてみてください。

ジャケ買いしたくなる、おすすめワインたち

1. お店で大人気

Photo by 島田 みゆ

▲左から「レオン・ハイツマン(旧クレマン・クリュール)/キュヴェ・マネキネコ」「レオン・ハイツマン(旧クレマン・クリュール)/ヴォワイユー・ド・カッツ」「ルシャレル/パティ・アルナウ・ロゼ・オーガニック」
スージー:猫をモチーフにしたものが人気ですね。写真左「キュヴェ・マネキネコ」のラベルは日本がきっかけ。生産者のクレマンさんが来日したときに、福を呼ぶという「招き猫」に感動したことから、ラベルに採用したといいます。お祝い用に購入される人が多いですね。

ちなみに、クレマンさんがそのとき買った招き猫の置物は、今も自宅に飾ってあるそうです。

2. スージーさんイチオシ

Photo by 島田 みゆ

▲左から「エリック・ルイ/サンセール」「エリック・ルイ/メネトゥ・サロン・ルージュ」「エリック・ルイ/プイィ・フュメ」
スージー:生産者のエリックさんは、最初の子どもが生まれたときに「星の王子様」を読み返したそう。狐の「いちばん大切なことは目に見えない」という言葉にあらためて感銘を受け、その気持ちをラベルに表しているんです。

ワイナリーにキッズスペースを設けたりバリアフリーにしたりといったやさしさが、ラベルにも味にも出ていますね。

うちの常連さんに「いつも赤ワインを飲むと頭が痛くなるけれど、これだけは痛くならない」という人がいるくらい、とても品質のいいワインです。

3. 華を添える!クリスマス・イベント向け

Photo by 島田 みゆ

▲左から「ジャニソン・バラドン/ヴァンドヴィル」「ドビ/ブリュット・レゼルヴ」「バロン・ドーヴェルニュ/フィーヌ・フルール・ド・ブジー」「アンリ・ド・ヴォージャンシー/キュヴェ・デ・ザムルー・ロゼ・グラン・クリュ」「アンリ・ド・ヴォージャンシー/ラ ・ミス ブラン・ド・ブラン ブリュット グラン・クリュ ミレジム」
スージー:華やかなシーンには、やはりシャンパーニュがおすすめです。どれもかわいらしく、食卓を彩ってくれますよ。グラスに立ち上る泡を楽しみながら飲んでいただきたいです。

Photo by 島田 みゆ

▲左から「マチュー・プランセ/ブリュット・プルミエ・クリュ ロゼ」「マチュー・プランセ/ブリュット・プルミエ・クリュ ブラン・ド・シャルドネ」「マチュー・プランセ/ブリュット・ナチュール プルミエ・クリュ」
これら「マチュー・プランセ」のラベルは、個人のお客様が造り手のマダムにプレゼントした絵を気に入り採用したものなんです。おしゃれなイラストが女性に人気。

関係者や思い入れのある人をモチーフにしたワインも数多いのも、デザインラベルの特徴ですね。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ