カリウム

生のマンゴー100gあたりのカリウムは、170mgです。(※1)

カリウムは、細胞内液の浸透圧を整えたり、塩分(ナトリウム)を体の外に出しやすくしたりする役割があります。つい塩分を摂りすぎてしまう方は、カリウムを積極的に摂るように意識してみましょう。(※4)

β-カロテン

生のマンゴー100gあたりのβ-カロテンは、610µgです。(※1)

β-カロテンは、肌や粘膜の健康を保ったり、暗いところでも目が見えるように働いたりするビタミンAに変わります。体内の活性酸素の働きを抑えたり、免疫を強めたりするはたらきもありますよ。

またβ-カロテンは、オリーブオイルやココナッツオイルなど、油脂を含んだ食品といっしょに食べると、吸収がよくなります。(※5)

ビタミンC

生のマンゴー100gあたりのビタミンCは、20mgです。(※1)

ビタミンCは、コラーゲンを作り出すのに不可欠なビタミンで、肌や粘膜、血管などを強くすることがわかっていますよ。

またストレスをよく感じている人ほど、抗ストレスホルモンを作る際にビタミンCの使用量が高まります。そのため食材からこまめにビタミンCを取り入れるようにしましょう。(※7,8)

マンゴーをダイエット中に食べてもよい?

食べてよい目安量

果物は、一日200gが目安とされています。生のマンゴーは皮と種を取り除くと、約200gになります。(※8)

間食は一日200kcal程度が適切とされており、ドライマンゴーの場合、約50gに該当します。食べるときに注意したいのは、加糖と無加糖の2種類があることです。加糖の場合は量を半分に減らして、アーモンド6~7粒とくるみ3粒と組み合わせるのがおすすめです。(※9)

食べるタイミング

マンゴーは食べる時間帯に気をつけ、間食に取り入れてみてはいかがでしょう?

私たちの体には、脂肪の合成に関わるBMAL1という物質がはたらいています。このホルモンは、午後2時~3時くらいが一番少なくなり、夜10時から夜中の2時がもっとも多くなります。そのため、間食を摂る場合は、BMAL1が一番少ない時間帯を選ぶと、食べても太りにくくなりますよ。(※10)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS