ダイエット中にぴったり!マンゴーのおすすめレシピ5選

1. マンゴーとキヌアのデリ風サラダ

雑穀の仲間キヌアは、最近はサラダやスイーツなどに使われている人気の食材。食物繊維、ミネラルやたんぱく質が豊富です。キヌアに含まれる鉄分は、マンゴーのビタミンCといっしょに摂ることで、吸収率が高まりますよ。(※7,11)

2. 絹ごし豆腐とマンゴーのデザート

絹ごし豆腐を使う珍しいデザートです。練乳の甘い香りとマンゴーのさわやかさで、豆腐が生まれ変わったかのよう。マンゴーに含まれるビタミンCは、体内のコラーゲンを作るために必要で、肌や粘膜の健康を保つはたらきがあります。(※7)

3.ドライマンゴーのキャロットラペ

人参とドライマンゴーの両方に含まれるβ-カロテンは、オリーブオイルと合わせることで吸収率が上がります。また、キャロットラペにはレーズンを使うことがよくありますが、ドライマンゴーにすれば、違う食感を楽しめますね。(※5)

4. 甘酒とマンゴーの豆乳スムージー

甘酒とマンゴーに含まれる食物繊維は、善玉菌を増やして、腸内環境を整えるはたらきをしてくれます。調整豆乳は砂糖が加えられているので、糖質が気になる場合は無調整豆乳をえらぶとよいでしょう。(※3)

5.マンゴーのスイートチリソース

アジア料理には欠かせないスイートチリソースを、マンゴーで作ってみてはいかがですか?手作りなら、市販品に使われている砂糖の量を減らすことができます。さらにマンゴーのさわやかな香りで、塩分を控えてもおいしくいただけますよ。

栄養豊富なマンゴーをおいしく食べよう!

マンゴーは食物繊維やβ-カロテン、ミネラル、ビタミンが豊富な果物です。甘いデザートだけではなく、サラダや調味料など、さまざまな料理の材料として取り入れることができます。

カロリーや糖質がほかの果物より高いことがありますが、量や食べるタイミングを理解すると、ダイエット中でもおすすめです。うまく摂ることができれば、きっと健康をサポートしてくれる存在になりますよ。
【参考文献】
(2020/06/16参照)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS