食べ過ぎには注意しよう

果物の適切な摂取量は一日200gです。糖分の多い缶詰は菓子とみなされ、一日200kcalが目安とされています。生の桃であれば一日1個、缶詰であれば一日約1.5個が適量ですね。

ただし、缶詰になると100gあたりのカロリーと糖質量は生の桃に比べて、約2倍に。減量中は、缶詰の桃よりも生の桃を適量食べることをおすすめします。また、脂肪を溜めやすいBMAL1というたんぱく質は夜間に活性化するので、遅い時間に食べないようにしましょう。(※13,14,15)

ダイエット中におすすめ。桃のヘルシーレシピ5選

1. ピーチジンジャーエール

砂糖を使わず、桃の甘みで作るジンジャーエール。桃の食物繊維は、血糖の上昇を緩やかにしてくれます。果物は短時間でエネルギーに変わるので、朝や昼に飲むと良いですね。(※7,16)

2. 桃と水切りヨーグルトのサンドイッチ

桃の甘みを活かしたフルーツサンド。ホイップクリームやクリームチーズの代わりに水切りヨーグルトで作るので、カロリーが抑えられます。メープルシロップはお好みで入れなても十分おいしいですよ。

3. 桃のミルクゼリー

桃の甘みを活かしたゼリー。コラーゲンそのものであるゼラチンと、コラーゲンの生成をサポートするビタミンCを含む桃を一緒に摂ることで、綺麗な肌作りに役立ちますよ。(※10)

4. 桃とモッツァレラチーズのカプレーゼ

甘い桃と塩気のあるチーズの組み合わせがおいしいレシピです。オリーブオイルと和えることで、桃の脂溶性ビタミンEの吸収率が高まります。(※11)

5. 桃とトマトのスープ

甘い桃と酸っぱいトマトの相性が良いスープです。トマトに含まれるリコピンは、強い抗酸化作用をもちます。リコピンは朝に飲むと吸収が良いので、朝食におすすですよ。(※17)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS