-16kgの成果も!「鍋ダイエット」のやり方&効果を高める方法

今回は、気軽に試せる「鍋ダイエット」のやり方や効果を高める方法、おすすめの鍋レシピなどをご紹介します。具材や味付け次第でいろんなアレンジができる鍋ダイエットは、続けやすいのもメリットです。あなたも挑戦してみませんか?

あの人も痩せた!鍋ダイエット

今回ご紹介する「鍋ダイエット」、実は人気アーティストの倖田來未さんも実践したことのあるダイエット方法なんです。出産後に太ってしまってから、鍋ダイエットでなんと16kgもの減量に成功!

そのほか、さまざまな芸能人の方々がおこなっているということで、有名になったダイエット方法が「鍋ダイエット」です。

鍋がダイエットに良い理由

野菜やたんぱく源をしっかり摂れる

鍋には、もやしやネギ、白菜などといった野菜や、お肉や魚介類などを入れて楽しみますよね。比較的ヘルシーな野菜と、体を作るのに欠かせないたんぱく源が、たくさん食べられる鍋料理は、健康的に痩せるのにぴったりなんです!

油の摂取量を抑えられる

どんな食材を入れてもおいしく仕上がる鍋料理は、自分の好きな食材を選んで作れるというのもポイント。野菜中心の鍋にしたり、鶏胸肉やささみ、白身魚などの比較的低カロリーな食材をチョイスすれば、満足度の高い食事が楽しめますよ。

炭水化物の摂取量が自然と減る

野菜とたんぱく源を中心に作る鍋料理は、最後のシメさえ我慢できれば主食なしで食事が終えられるのです!これは、ダイエットにおいてかなりメリット。無理なく減量を目指せるのは、嬉しいですよね。

鍋ダイエットのやり方

夕食を鍋に置き換える

まずは鍋を食べる頻度ですが、どうやら「昼食&夕食を置き換える」ものや「朝食&夕食を置き換える」ものがあるようです。しかし、いきなり3食中2食を置き換えるというのはハードルが高いですよね。

なので、まずは夕食だけを置き換えてみましょう。夕食のタイミングは昼間よりも活動量が減るため、もっともヘルシーに抑えたい食事です。そんな夕食を鍋に置き換えるだけでも、効果は期待できるでしょう。

朝食と昼食は栄養バランスを考える

朝食と昼食にとくに制限はありませんが、栄養バランスを考えて食事をすることが前提です。鍋のあとのシメは厳禁ですが、残りを翌日の朝ごはんとして雑炊やうどんにして食べるのはOK◎

夕食よりも、一日の始まりである時間帯に食べたほうが、脂肪として蓄えられにくいですよ。

最低でも一週間は続ける

どんなダイエット方法でもそうですが、続けることが何より大切なこと。この鍋ダイエットも例に漏れず、続けることが肝心です。とりあえず一週間続けられれば、生活のサイクルや鍋作りにも慣れて、そのあとも続けることができるはずですよ。

鍋ダイエットの効果を高める方法

食べる量に注意する

当たり前のことですが、鍋がいくらヘルシーだからといっても食べ過ぎはNG。適量を食べるから、低カロリーに収まるのです。自分がいつも食べている量を自覚しながら、いつもの食事を鍋に「置き換える」ことを意識して、腹八分目を目安に食べましょう。

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

ニコライ

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう