ローディング中

Loading...

ある有名人がこの方法で16kg痩せたことで有名な「鍋ダイエット」。お鍋は、手軽に栄養を摂取でき、なおかつ具材次第でアレンジもできるので、飽きにくいというのもうれしいポイントですよね。今回はそんな鍋ダイエットの効果ややり方について紹介します。

あの有名人も痩せた!? 鍋ダイエットとは

「鍋」がダイエットに良いというのをご存知でしょうか。

アーティストの倖田來未さんが、「鍋ダイエット」で16kg痩せたことが以前話題になりました。歌姫、倖田さんは、出産後とは思えない魅力的な体型を披露し世間を驚かせましたが、あるテレビ番組で、妊娠から出産までに15kg増えた体重を、鍋ダイエットで大幅な減量に成功したと語りました。また、いくつになってもしなやかなボディを維持している釈由美子さんも、集中ダイエットには「鍋」を実践しているそうです。
鍋というと、日本の冬の代表的料理の一つ。だれでもすぐに思い浮かぶのは、すき焼き・しゃぶしゃぶ・シチュー・水炊きに、寄せ鍋・湯豆腐・ぼたん鍋・もつ鍋・ちゃんこ鍋などなど。 お鍋で野菜やお豆腐、肉、魚など色々な食材を料理して、そのままの状態で個々人がお鍋から小鉢などにとっていただきます。

一人でも、皆でワイワイ食べても、湯気が立ち上るお鍋からアツアツに煮えた具をとって、フーフー言いながら食べる。。。どんな手の込んだお料理をテーブルに並べるよりも、晩秋や冬の食卓は「鍋」に勝るものはないのではと思います。お腹と心の両方を、たっぷりしっかりと温めてくれるお料理です。

夏、冷房の効いた部屋でアツアツの鍋を食べるのも良し、これから涼しくなって温かい食べ物が恋しくなる季節に始めるのも、「鍋ダイエット」はぴったりですね!それでは今回は「鍋ダイエット」について詳しくご紹介しようと思います。

鍋ダイエットの効果

野菜、タンパク質をたっぷり摂れる

「鍋」はたっぷりの野菜・たんぱく質が同時に摂れます。
鍋の具材は主に、季節の色々な野菜と、豆腐や魚・海老・牡蠣などの魚介類、肉などタンパク源になるものが具材になります。鍋の魅力は何といっても「おいしい」ことが絶対条件。
また、彩りが良いことも大事です。野菜だけでも、またタンパク源になる具材だけでもおいしい鍋ができるとは言えません。

また、ダイエットの観点からも、タンパク質を摂るのはとても重要です。タンパク質は筋肉をつくる大切な栄養素。不足すると筋肉量が落ちて基礎代謝が悪くなり、その結果太りやすくなることも。。。鍋なら野菜とタンパク質をたっぷり摂取することができます。

ダイエット中の鍋には、白菜やネギ、水菜、根菜、キノコ類など、その季節の旬の野菜を中心に、低脂肪高タンパクの食材(鶏ササミや白身魚など)を組み合わせて食べることをおすすめします。

低カロリー

鍋は、食材のほとんどが野菜で、鍋定番の食材といえる豆腐や揚げといった大豆食品なども、低カロリーなものが多いとても健康的なお料理です。

でもシメで、ご飯やうどん、中華麺、パスタなどを食べ過ぎたら効果も半減!
組み合わせるタンパク源の食材を工夫し、シメのご飯やうどんを減らしてスープを多めにしたり、日本そばにするなどの工夫でより低カロリーな鍋になります。

また、鍋のベースにも出汁にコンブを使ったり、調味料は薄口しょうゆ・減塩しょうゆ・減塩みそを使うなどして食材の旨みを引き出し、身体に優しい健康的な鍋でダイエットを成功させましょう。

お腹いっぱいになる

鍋は、たっぷりの野菜を中心に具材を煮ながら食べます。
野菜は煮ることでかさが減り柔らかくなるので食べやすくなります。そのため思ったよりたくさん食べることができお腹いっぱいになります。

鍋に使う食材はほとんどが低カロリー。野菜にはビタミンや食物繊維などの栄養も豊富です。満腹になってもカロリーオーバーになりにくく、健康的にダイエットできるのが鍋の魅力です。

炭水化物の摂取量が自然と減る

鍋はまず野菜や豆腐、肉などを煮込んだところでさきに食べるので、シメになったところではかなりお腹がいっぱいになっています。たっぷりの野菜も、煮るので柔らかくなり生野菜を食べるよりずっと多い量を楽に食べることができます。また具材がスープ(出汁)を吸っているので食べた後にはかなりの満腹感が。その結果、シメのご飯やうどん、そばなどの摂取量は、いつもよりは自然と減ることになります。

鍋ダイエットのやり方

昼か夜を鍋に置き換える

鍋ダイエットは、3食のうちの昼食と夕食、または夕食だけを鍋に置き換えるという、とてもやり易いものです。アツアツのたっぷりの野菜を、ゆっくり食べて身体を温めることで効果を得られるので、そのことを念頭にゆったりした気分で食べましょう。

鍋の作り方はかんたんで、食材も通年いろいろなものが手に入ります。また、鍋のバリエーションも豊富なので、あまり苦にならず続けられそうですね。

鍋を食べるときは炭水化物を控えめに

せっかくの鍋ダイエットも、シメでご飯やうどんなどを食べ過ぎては効果は期待できませんね。 まず野菜などをたっぷり食べて、お腹をいっぱいにするようにしましょう。温かい食べ物はより強く満腹中枢を刺激してくれます。炭水化物の摂取はあくまでも控えめに!

1週間続ける

鍋の種類はとても豊富。具材も味も、バリエーションが豊かなので飽きることなく、工夫しだいでおいしく、楽しみながらダイエットが可能です。

野菜をたっぷり食べ、身体も温まる鍋ダイエット。温かいものを食べると、新陳代謝がアップし、また野菜を多く摂るので満腹感があってもカロリーは控えめです。

お腹いっぱい食べることができるダイエットでも、いつも同じだったりおいしくなかったりでは続きませんね。その点、鍋ならアレンジも豊富なので、毎日飽きることなく続けることができます。短期間で痩せたいという方にもぴったりのダイエット法なので、まずは1週間くらいから始めることをおすすめします。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

キムチ鍋になに入れる?おすすめ具材と変わりダネで新コンビ発見!

キムチ レシピ まとめ

味がしっかりとしていて食べ応えのあるキムチ鍋。あなたはどのような具を入れていますか?キムチ鍋に入れる具によって、全体的な味わいが変わりますね。ここではキムチ鍋におすすめの具材をピックアップしてご紹介していきま…

定番から変わり種まで!すき焼きの世界を広げる具材総まとめ

すき焼き まとめ

我が家のすき焼きの定番は、これ!しめはうどん!冒険はしません。そんな言葉が聞こえてきそうなくらい、すき焼きへのこだわりは人それぞれ。今回は定番はもちろん、今まで結びつかなかった意外な具材まで、たっぷりご紹介い…

もう迷わない♩定番から変わり種まで豆乳鍋に入れる具材はこれで決まり!!

最近定番化してきた豆乳鍋ですが、ちょっと変わった鍋なので具材に迷う方もいるかもしれません。今回は、豆乳鍋に馴染みのない人も、リピーターの人も参考にできるぴったりの具材をご紹介します。意外な組み合わせで、いつも…

基本の「ご飯の炊き方」教えます。お米の計り方から道具別の調理法まで

日本人なら誰もが大好きなまっ白な「ご飯」。毎日食べるものだから、おいしく炊いたご飯が食べたいですよね。お米の研ぎ方から水の量、土鍋でご飯を炊く方法やコツまで、基本の「ご飯の炊き方」をわかりやすくご紹介します!

ニトリのお茶碗が最強説!新作「飯碗」なら食欲の秋でも食べすぎないワケ♩

新米の季節!甘くておいしいお米があるとついつい食べ過ぎてしまいますね…!そこでぜひ手に入れてほしいのが、ダイエットに便利だというニトリの飯碗。目安に合わせてごはんをよそえば、きっちりとごはんの量を制限できると…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

何分前なら食事はOK?運動前のおすすめ食材まとめ

まとめ

運動前の食事は、運動効果を大きく左右するので、ダイエット中の方は気をつけたいところですよね。そこで今回は、運動前に摂取してもいいおすすめの食材をご紹介します。時間別にまとめたので、運動する際はぜひ参考にしてみ…

健康になりたいなら砂糖はNG?砂糖が及ぼす身体への悪影響『7』選

スイーツ まとめ

女性に限らず、人間は甘いものが大好きです。なぜなら、糖分が足りなくなると、脳が上手く機能しなくなってしまうから。しかし、砂糖が持つ効果によって、美容、健康への悪影響が起こる事がわかりました。中でも覚えておきた…

髪を強く・早く伸ばしたいときにおすすめの食材7選!

まとめ

思わず髪を切りすぎて、後悔したことってありませんか?そんなときに食べると効果的と言われる食材を紹介します。髪の毛の健康を考えて、一日でも早く髪の毛を伸ばすために、食べ物にこだわってみてもいいかもしれませんね!…

たったこれだけの心がけ!食費を簡単に抑えるコツ「5」選

まとめ

一人暮らしの人は特に食費を抑えたいと思っている人は多いのではないでしょうか?本当に少しの努力と我慢で簡単に食費を抑えることができるんです。今回はすぐ実践できる心がけを5つご紹介します♫

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

記事広告

世界の肉料理とマリアージュ!コク深い「キリン 生茶」で繊細な味わい引き立つ♩

ローストビーフ

お肉料理と「キリン 生茶」のマリアージュをご紹介。「ワイルドな味わいに合うの?」と不思議に思うかもしれませんが、奥行きのある深い味わいが、お肉の繊細なうまみを引き立てるんですよ!料理研究家・きじまりゅうたさん…

記事広告

乳幼児期の味覚レッスン!グリコ「幼児のみもの」で親子の楽しい食育タイム♩

グリコ「幼児のみもの」が2017年10月2日(月)にリニューアル!シリーズ5商品全てが無香料になりました。新しい味わいを、人気フードアナリスト・とけいじ千絵さんに味見していただきました。食育のコツと合わせてご…

記事広告

きじまりゅうたさん厳選高級肉ゲット♩「#フォトジェ肉生茶」投稿キャンペーン開始!

生茶にぴったりなお肉料理の写真をInstagramにアップするだけで、料理研究家・きじまりゅうたさんセレクトの高級お肉セットが当たる「#フォトジェ肉生茶」キャンペーンを開催します!とっておきの1枚で参加してみ…

ページTOPに戻る