ライター : kinako

料理やお菓子を作ること、食べることが大好きです。作り方のコツやポイントとともに、さらにおいしく味わえるよう、素材や料理の背景にもさり気なく触れられれば、と思っています。

ビスキュイとは?

ビスキュイとは「卵黄と卵白を別々に泡立てて焼くスポンジケーキ」のことですが、スポンジ生地や焼き菓子の総称として使われることもあります。そのため、レシピによっては、ビスケットがビスキュイと呼ばれている場合も。レシピに「ビスキュイ」が出てきたら、どのパターンかチェックしてみましょう♪

材料は小麦粉、砂糖、卵ととってもシンプル。バターを使わないため、軽くふんわりした食感で、やさしい味を楽しめます。

特徴は作り方!

ビスキュイの最大の特徴は、卵を別立てで作ること。バターや牛乳を使うスポンジケーキの多くは、生地に卵をそのまま加えて混ぜますが、ビスキュイを作るときにはまず、卵白と卵黄に分け、別々に泡立てて生地に加えます。

卵白は角が立つまでしっかり泡立て、メレンゲに。卵黄は砂糖と合わせたらダマにならないよう、すりつぶすように混ぜ合わせます。メレンゲにを生地に加えることで、焼きあがるとふんわり仕上がるんです♪

いろいろな呼び名があるビスキュイ

ビスキュイは、「ビスキュイ・キュイエール」「ビスキュイ・フィンガー」「フィンガービスケット」と呼ばれることがあります。

「ビスキュイ・キュイエール」の「キュイエール」は、スプーンの意味で、もともとはスプーンですくった生地を焼いていたことからついた名前。その後、指のような形になったことから、「フィンガー」の名で呼ばれるようになりました。

ビスキュイが使われる代表的なお菓子

ビスキュイにしみ込ませたエスプレッソが最高!「ティラミス」

なめらかな食感とエスプレッソの苦みを味わえる人気のデザート、ティラミス。口の中でまんべんなく広がる味わいの秘密は、エスプレッソをたっぷりしみ込ませたビスキュイにあります。ふわふわの生地は、クリームチーズのクリームとの相性も抜群です。

ふわふわ食感を楽しめる♪「ブッセ」

ビスキュイで作られた皮に、クリームやジャムをはさんだブッセ。ふんわりやわらか、さくっとした皮は、クリームの種類を選びません。ブッセは、日本では焼き菓子をさしますが、フランスでは「ひと口サイズのオードブル」のことなんですよ。

テーブルがパッと華やかになる!「シャルロット」

Photo by macaroni

フィンガー型に絞り出したビスキュイ生地の中に、クリームやフルーツがたっぷり!華やかな女性の帽子のようなケーキ、シャルロットです。ビスキュイ生地は数ミリの間隔を空けて絞り出すと、焼き上がったとき、きれいにくっつきます。
Photos:4枚
天板に並んでいるビスキュイ
正方形の皿に盛られたティラミス
木のトレーに並べられたブッセ
白い皿に盛られたシャルロット
一覧でみる
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS