ライター : ☆ゴン

カフェやレストランなど外食関連の紹介記事を中心に、豆知識やおいしい料理のレシピなど、皆さまのお役に立つ情報を発信したいと思います。

「あらかぶ」とはどんな魚のこと?

あらかぶとは九州でのカサゴの地方名

九州の長崎や佐賀、福岡県あたりでは、カサゴのことを「あらかぶ」と呼びます。北海道南部から南の各地沿岸に広く分布していて、水深の浅い海岸近くの岩礁や消波ブロックの陰など、あまり移動せず狭いエリアに生息しているため、根魚と呼ばれる魚です。

体色は赤から茶褐色まで、生息する深さによって異なり、体のわりに頭と口、トゲのあるヒレが大きいのが特徴。いかつい形相をした20~30cmほどの大きさの魚で、締まった白身は加熱すると身離れがよく、おいしいことで定評があります。

あらかぶが獲れる九州の産地と旬の時期

九州沿岸に広く分布しているため、各地で刺し網やはえ縄漁によって水揚げされています。あらかぶと呼ばれる長崎や佐賀、福岡をはじめ、鹿児島と宮崎でもカサゴ漁が盛んです。

旬は冬から初春にかけてと、夏から秋にかけてなど諸説ありますが、一年中獲れるおいしい魚であることは間違いありません。小さいものでしたら煮付けや唐揚げに、25cm以上の大きなものはお刺身が断然おすすめ!上品ででコリコリした歯ごたえを楽しめると評判ですよ♪

毒があるものも!? あらかぶの種類

メバル科カサゴ属の魚は一般的なカサゴと、岸から少し離れた岩礁域に生息するアヤメカサゴ、沖合の深場にいるウッカリカサゴの3種類に分類。九州では基本的に岸近くで獲れる、普通のカサゴだけを「あらかぶ」と呼びます。

フサカサゴ科に属するオニカサゴは、鋭いトゲに毒を持つとされ、九州沿岸でも獲れるカサゴの仲間です。スーパーの店頭ではめったに見ることができない、希少な高級魚として知られますが、これを地元であらかぶと呼ぶことはありません。

地方ごとにいろんな呼び方があるあらかぶ

笠子(カサゴ)という和名自体ユニークな魚で、長崎を中心としたあらかぶだけでなく、地方ごとにいろんな呼び名があることで有名です。

大阪をはじめとした関西では頭(かしら)から「ガシラ、ガシ」、大きなものは「デカガシラ」。広島や四国、九州の一部では、稲わらで編んだ口の大きな袋、「ホゴ」に似ていることからついた名など、たくさんの地方名があります。

おすすめの調理法!あらかぶのレシピ3選

1. 魚介のうま味が凝縮!ブイヤベース

海老やムール貝などの魚介と、野菜がたっぷり入った贅沢なブイヤベースのレシピです。あらかぶは白身のおいしさもさることながら、頭と骨からいいだしが出ることで定評があり、本場の南フランスではシーフード料理に欠かせない魚として重宝されています。
Photos:6枚
まな板に上に並んだたくさんの生あらかぶ
オニカサゴと大根の煮付け
お皿に盛り付けたあらかぶの姿揚げ
あらかぶと有頭海老、ムール貝に野菜たっぷりのブイヤベース
こんがりと丸揚げされた2尾のあらかぶ
あらかぶの醤油風味煮付け
一覧でみる
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS