ライター : Ryogo

料理ブロガー

掲載パスタレシピ数500以上のブログ「BINANPASTA」を運営しています。そのほかのSNSでも料理に関することを日々発信しているので、ぜひチェックしてみてくださいね! Instagram→@binanp…もっとみる

いまが旬!ボンゴレ・ビアンコを上手に作るコツ

こんにちは、Ryogoです。

今回はいまの時期がおいしいあさりを使った定番パスタ「ボンゴレビアンコ」をおいしく作るコツをご紹介します。

見栄えが良くて作るのがむずかしそうに思われがちな料理ですが、実は、調理工程はとってもシンプル。ぜひこの機会に作り方をマスターしてみてくださいね!

それではさっそく動画で調理全体の流れを確認するところからはじめましょう。
いかがでしたか?意外と簡単でびっくりした方も多いのでは。

個人的にも、簡単なのにおいしくて、さらに見た目もおしゃれなボンゴレビアンコは好きなパスタのひとつです。

1. にんにくの香りをオイルにしっかり移す

Photo by Ryogo

1つ目のコツは、にんにくの香りをしっかりオイルに移すこと。にんにくを焦がさないようじっくり弱火で香りを移していきましょう。

これはにんにくを使うほかのパスタにも共通する話ですが、この工程を雑にやってしまうと、どこか物足りないという仕上がりになりがちです。

ここでしっかりベースとなるオイルを準備することで、おいしいパスタに一歩近づくことができますよ!

2. あさりは冷凍でもOK!開ききるまで蒸し焼きに

Photo by Ryogo

動画では事前に砂抜きをして冷凍していたあさりを使いましたが、砂抜き直後のあさりを使っても問題ありません。

普段は1人前15個くらいを目安に作ることが多いのですが、この辺りはお好みで調整してください。

Photo by Ryogo

あさりの殻が開くまで蓋をして、蒸し焼きしましょう。おそらく数分で殻が開きはじめると思います。

ちなみに、冷凍されたあさりでも同じように蓋をして数分待てば開くので、ご安心を。

Photo by Ryogo

上画像のようにフライパンのあさりが開ききったら、パスタがゆで上がるまであさりを別皿に取り出しておきましょう。

たまにまわりのあさりは開いているのになかなか開かない頑固なあさりがいますが、最終的に食べる段階で開いていなければ食べずに避けるようにしましょう。

3. 旨みたっぷりのソースをパスタに吸わせる

Photo by Ryogo

パスタは袋の表示時間より少し早めに引き揚げてフライパンに移します。

あさりの旨みをたっぷり含んだソースと絡めながら仕上げをしていきましょう!

先ほど取り出したあさりもこのタイミングでフライパンに戻します。

4. 仕上げのオイルで風味に華やかさをプラス

Photo by Ryogo

仕上げにEXオリーブオイルを回しいれ、全体を和えれば完成です。お皿に盛ったら、刻んだイタリアンパセリを散らしてあげると見た目もおしゃれに決まりますよ!

今回ご紹介したボンゴレ・ビアンコの詳しいレシピは、先の動画の概要欄または下のリンクから確認できるので、気になる方はチェックしてください。

Photo by Ryogo

Ryogoの各種SNSはこちらからチェック!

最後までお読みいただきありがとうございます。

普段はSNSやブログを通しての活動もしているので、気になる方はこちらからフォローをお願いします!
マカロニメイトは随時募集中!登録は以下のリンクからどうぞ!
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS