ライター : riku_mama

6歳のヤンチャな男子を子育て奮闘中のママです!食が細く、好き嫌いの多い息子のために日々おいしそうなレシピを模索しています。パンが大好きで、小さなパン屋の製造補助をしながらmac…もっとみる

カボスの旬はいつ?

なんと言っても爽やかさが特徴的な、カボスの旬の時期をご存知でしょうか。ハウス栽培されているため、一年中食べることができますが、一般的に8~10月ごろの夏から秋が旬とされています。

旬の時期のカボスは、ほかの時期のものと比べて甘味があり、酸味が少ないのが特徴!魚や肉などを使った主役となる食材の味を引き立ててくれる食材です。

産地別・カボスの出荷時期

2018年のデータによると、出荷量が一番多いのは大分県で約88トン。2位は群馬県で約2トン、3位は福岡県で約1トンです。(※1)

大分県の特産とされるカボスは、8月下旬から出荷のピークが始まります。消費量も日本一で、毎日食卓にカボスが登場するのだとか……。群馬県では9~10月に、福岡県では10~11月に出荷されます。

大分県では、年中収穫・出荷されますが、そのほかの地域では、1~3カ月間の出荷期間に限られるようです。

新鮮なカボスの見分け方

カボスは柔軟多汁の柑橘類なので、ずっしり重いものを選ぶことがポイントです。軽いものは水分が減っているので、避けたほうが無難。そして、爽やかな香りがするものを選びましょう。

見た目で選ぶ際のポイントは、艶があるものを選ぶこと!きれいな緑色だと風味がよく、黄色くなっているものは、熟して酸味がまろやかになっています。最後に、傷がないかもチェックしてくださいね。

おいしさをキープ。カボスの上手な保存方法

乾燥を大敵とするカボスは、ラップに包んだり、密閉できる保存袋に入れてから野菜室で保存しましょう。果汁は絞って密閉容器に入れれば、冷蔵庫で保存も可能です。

長期保存したい場合は、冷凍保存がおすすめ!お好みのサイズにカットして、ラップに包んでから保存してください。果汁は製氷皿で冷凍してから、密閉袋に入れ替えて保存すると、1年ほどおいしくいただけます。

旬のカボスを使ったおすすめレシピ3選

1. 清涼感たっぷり!カボスのそうめん

暑い日にぴったりの、カボスと三つ葉のそうめんです。緑と白の色合いがとっても涼し気ですね。冷たい麺類はもちろん、うどんやそば、パスタなどの温かい麺類とも相性バツグン!カボスを絞ることでワンランクアップします。

2. 毎日食べたい!焼き玉ねぎのカボスマリネ

カボスがたくさん手に入ったら、焼き玉ねぎのカボスマリネを作りましょう。玉ねぎだけでなく、きのこ類や葉物野菜で作るなどバリエーション豊富!おつまみやお口直しにもぴったりのひと品です。作り置きしておくと便利ですね。
Photos:5枚
箱に入った大分県のカボス
ネットに入ったたくさんのカボスと半分にカットされたカボス
透明のガラス皿にカボスと三つ葉と共に盛られたそうめん
透明の容器に入った焼き玉ねぎのカボスマリネ
凍らせたオレンジ、レモン、カボスなどが入ったフローズンパンチ
一覧でみる
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS