肌の健康をサポート

酢のなかでも、美容に役立つ「D-アミノ酸」が豊富に含まれているのが黒酢です。肌の健康を保ちたい方は、黒酢を積極的に取り入れるとよいですよ。

D-アミノ酸の一種である「Dーアスパラギン酸」には、コラーゲンの生産を促進する作用があります。また、こちらもD-アミノ酸の一種である「D-アラニン」には、加齢によって減少する肌の構成成分の生産を促すはたらきがあるといわれています。(※8)

血糖値の上昇をゆるやかに

食後の血糖値の上昇がゆるやかになるというのも、酢を食事に取り入れるメリットのひとつです。

酢をドリンクとして飲んでも、調味料として酢を加えた和え物を食べても、同じように血糖値の上昇が抑えられることが明らかとなっています。ぜひお好みの取り入れ方で、酢を試してみてくださいね。(※9)

酢の取り入れ方

一日に取り入れる目安量

酢には身体によいさまざまな作用がありますが、大量にとる必要はありません。一日あたり大さじ1~2杯(15~30ml)が目安です。(※6)

内臓脂肪を減らす、血圧を下げる、食後の血糖値の上昇をゆるやかにする……などといったメリットは、一日あたり大さじ1杯の酢により得られることが確認されています。(※1,2,9)

取り入れるタイミング

酢は空腹時にとると胃に負担をかけてしまうため、食前にとるのは避けましょう。酢の酸味が胃液の分泌を促して食欲を増進させ、食べすぎにつながるおそれもあります。

食事中か食後に酢を取り入れるのがよいですよ。とくにおすすめのタイミングは食事中。食後の血糖値の上昇をゆるやかにするはたらきが期待できます。(※6,9)

自分に合う酢の選び方

※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ