食物繊維たっぷり!お腹スッキリ「腸活うどん」とは?

「このところお腹がすっきりせず、便秘気味…」「毎日食物繊維たっぷりの食事を用意するのはちょっと大変」。そんな方におすすめしたいうどんが登場しました。その名も「腸活うどん」。腸活に大切と考えられている食物繊維や不飽和脂肪酸が含まれた、さっぱりした味わいのうどんです。

2020年2月13日 更新
この記事は、私らしく、もっと輝く。 - ライフスタイルマガジン「Sheage」の提供でお送りします。

最近お腹がすっきりしない…そんな方におすすめのうどんが登場

最近よく聞く腸活という言葉。腸内環境を整えて老廃物をすっきり排出できるよう、食事に気を遣いたいと考えている方も多いかもしれません。

けれど忙しく過ごしていると、栄養が偏った食事が続いて便秘になってしまうということもあるのではないでしょうか?

香川県でうどんの製造販売を行っている「亀城庵(きじょうあん)」を運営する会社「讃匠(さんしょう)」は、自分たちの麺でそんな方たちを救いたいと考えました。そうして生まれたのが、今回ご紹介する「腸活うどん」です。

腸活に大切な食物繊維と不飽和脂肪酸がたっぷり

腸活うどんには、腸活に重要だと考えられている水溶性食物繊維・不溶性食物繊維・不飽和脂肪酸を多く含む素材がふんだんに練り込まれています。

うどんは茹でると多くの成分がお湯に溶け出してしまいます。なかでも不飽和脂肪酸を留めておくのは難しいのだとか。

そこで、腸活うどんは茹で湯ごとおいしく食べられるよう試行錯誤して作り上げられました。水溶性食物繊維が豊富な昆布が使われていて、出汁が効いた上品な味わいを楽しめます。

薄味なので、好きな具材と合わせて楽しめます

凍ったうどん50g(1食)を300mlのお湯で3分間茹でると、茹で湯ごとでちょうどお椀1杯分に。あっさりした味わいで、好きな具材を添えてアレンジしながら楽しめます。

写真左のように梅干しや大根おろし、大葉となめこを添えればボリュームアップ。梅干しのすっぱさやなめこのとろっとした食感など、さまざまな味わいが楽しめます。

写真右の大根おろしとすだちの組み合わせなら、さっぱりした風味に。食欲のないときにも食べやすい一品になります。食物繊維や不飽和脂肪酸がたっぷりで、やさしい味わいの腸活うどん。ぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか。

腸活うどん 
50g×24食入り(6食入り×4パック) 6,000円(送料・税込)
writer / ミハル photo / 亀城庵
取材協力:亀城庵(きじょうあん)
※ 当記事のテキスト・画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。
提供元:
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS