女性に嬉しい働きがたっぷり!グレープフルーツの効果を管理栄養士が解説!

栄養満点のグレープフルーツ。スーパーでも手に入り手軽に食べられるのが魅力ですよね。この記事ではグレープフルーツを食べることで、身体にどのような効果をもたらしてくれるのかを、管理栄養士が詳しくご紹介します。食べる際の注意点もあるのでしっかり確認してくださいね。

2019年12月20日 更新

グレープフルーツの効果効能は?

ストレス対策

体内にあるビタミンCは、ストレスが加わると急激にその量が減ります。これはストレスを受けると抗ストレスホルモンであるアドレナリンをつくるのに使われるからです。

ストレスは不安・緊張といった精神的なものだけではなく、騒音、過労、睡眠不足、寒さ、暑さも身体にとってはストレスです。そのためグレープフルーツは手軽にビタミンCを取り入れることができ、これを利用することでストレスに対抗する力が強まることが期待できますよ。(※1)

美容効果

ビタミンCは、コラーゲンというたんぱく質をつくるのに必要な栄養素です。コラーゲンの合成を助けることで、肌のハリを保ち、弾力のある肌づくりを助けます。

また、シミやくすみの原因となるメラニン色素の沈着を防ぎ、できてしまったメラニン色素を薄くする働きや、抗酸化作用もあるので、老化やトラブルから肌を守る働きも期待できます。(※2,3)

免疫力向上

ビタミンCは白血球の力を強化するのに役立っています。白血球には体内に侵入した病原菌を攻撃して免疫力を高める働きがありますよ。

また、日頃から充分にビタミンCを摂取することで、免疫力を高めて風邪をひきにくくしたり、治るまでの期間を短くする働きに繋がります。(※2)

高血圧予防

グレープフルーツに含まれている、カリウムは人の体に必要なミネラルの一種です。カリウムはナトリウムとバランスを取りながら、細胞を正常に保ったり、血圧を調整したりして、体内の状態を維持するのに役立っています。

ナトリウムは摂りすぎると血圧を上げる原因になりますが、カリウムにはナトリウムを排出する作用があるため、血圧を下げて高血圧の予防に繋がります。(※4)

リラックス作用

グレープフルーツに含まれているリモネンという成分は、りんごやぶどうには含まれていない、柑橘系の皮に多く含まれる、甘酢っぱく爽やかな香りの成分です。

柑橘類の香りの成分が体内に吸収されると、脳内でリラックス時に出るα波がでることからリラックス作用があるとされています。(※5)
1 / 3
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

管理栄養士/yurimomo

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう