ローディング中

Loading...

秋の味覚「柿」は食物繊維が含まれており、またタンニンという物質が、便秘改善に役立ちます。便秘に効くのはもちろん、それ以外にも柿は健康効果を持っています。しかし、ちょっとだけリスクもあるので注意が必要。今回は柿パワーの秘密にせまります。

秋の味覚「柿」は便秘を改善

みなさん、もう秋ですね。食欲の秋と言われている季節で、ついついおいしいものを食べたくなってしまいますよね。今回紹介する秋の味覚のひとつである「柿」は、便秘に効くとても優秀食べ物です。が、その反面食べる量を意識していないと便秘の原因になってしまうこともあるそう……!? 今回は、柿の作用について詳しくご紹介していきたいと思います。

便秘に効く柿の作用とは?

柿は食物繊維が豊富

柿には健康効果のある成分が含まれていて、そのなかでも食物繊維が多いと言われています。食物繊維はストレスホルモンと言われるステロイドホルモンや脂肪物質を吸着し排出してくれるほか、腸内細菌に働きかけ腸内細菌が増えるのを助けてくれます。不要物質や腸内細菌の死にカスを便とともに出してくれるので、便秘にも効果的ですね。体によいと理由はこうした作用があるからです。

ただ食物繊維効果は腸内phがアルカリ性でないと発揮されません。食習慣が乱れている、油ものを多く摂る人は腸内環境が酸性に傾いている傾向にあり、食物繊維の効果が発揮されにくいかもしれません。そして食物繊維の活躍の場は大腸で、大腸にきて初めて上記の効果が期待できます。こんなに食物繊維が多い柿を食べたら便秘も改善できそうですね。その前に食生活や腸内環境を改めて考え直してみるとよいでしょう。

普通の柿と干し柿

柿は柿でも、干し柿の方が食物繊維は多く含まれています。普通の柿1個で食物繊維6gに対し、干し柿は1個14g程含まれおり、一度に食物繊維を多く摂ることができます。

食物繊維を沢山とれる干し柿がよいかというと、実はそうでもないのです。柿の栄養素や食物繊維というのは熟度によって異なります。早熟の干し柿で作ったもとの熟した普通の柿であれば、普通の柿の方が栄養素は豊富で、かつ時間が経っているので渋みも和らいでいます。

一長一短ありますが、生活スタイルに応じて摂取してみてください。

タンニンの働きも見逃せない

柿にはタンニンという物質が含まれています。ちなみに、柿以外にもタンニンは緑茶や赤ワインなどにも含まれています。

渋柿の渋みと言うのはこのタンニンが舌の粘膜に着くと唾液中のタンパク質とくっつき、タンニン自体が変化するために、渋みとして感じると言われています。

こんなに渋いのに、摂って大丈夫なの?と心配する人も多いでしょうが、大丈夫。タンニンは腸にいきつくと粘膜に働きかけ、粘膜を保護したり腸を引き締め、腸が活発になったときに落ち着かせてくれる効果があります。下痢や軟便でお悩みの方の強い味方になってくれるので、胃が疲れているときや、おなかの張り、オナラが出るというときにタンニンを使った整腸を試してみて欲しいと思います。

しかし便秘を引き起こすことも

その一方で、よく柿を食べると便秘になると言う人もいます。たしかに柿を食べることで便秘になる、という可能性も考えられるでしょう。

理由は食物繊維と多量のタンニンが原因。先ほど食物繊維はさまざまなものを吸着させ、便量を増やすと言いました。増えても腸の動きがよくなければ固まってしまいます。

体の水分が少ない人や、ストレスが多い人は腸の動きが弱いとともに腸内の水分が少ないため食物繊維を摂ってもいい状態の便になるとは限りません。また柿に含まれるタンニンが胃・腸の動きを抑える作用があり便秘になる可能性があるというわけなのですが、タンニンが便秘を引き起こす可能性がある量は“大量に摂取したとき”です。

つまり、食物繊維が多い渋柿は、食べすぎると便秘になる可能性もあるということです。それらを踏まえて柿を召し上がってみてください。

食べる量はどれくらいがいいの?

なんでもそうですが、あまり摂りすぎるとかえって逆効果の作用をすることがあります。ひとり1個、食べても2個にしておきましょう。干し柿は食物繊維が多く、1個で1日の目標摂取量が補えます。先ほどタンニンが多量に含まれていると便秘になる可能性があると書きました。渋柿であれば自身の体調等踏まえて食べる量も決めることをおすすめします。

まだまだある柿の効果

柿にはビタミンC、マンガン、葉酸、カリウム、ビタミンBなどの栄養素も含まれており健康効果が期待できます。ビタミンCは抗酸化作用を始め、コラーゲンを作ることを助け、鉄吸収をよくする効果が期待できます。またビタミンB群も美容効果があると言われ、皮膚の状態を改善するとともに、皮膚の再生を助ける働きがあります。

マンガンは骨が作られるのを助ける働きがあるとともに糖質・脂質の代謝を助けるといったダイエットにも効果的な作用があります。カリウムは血圧を調整し血圧を穏やかにする作用があります。葉酸はビタミン12と協力して、血液中の赤血球が作られる働きがあるため貧血改善に役立ちますよ。そして、タンニンはアルコール分解効果もあると言われています。柿は魅力的な果物ですね。

1〜2個でも十分!柿パワー

いかがでしたか?これから旬の味覚として登場する柿ですが、種類によってはときが経つにつれ渋さがなくなり甘くておいしくなってきます。熟しているものよりも固い方がいいと言う方もいるでしょうが、熟せば熟すほど健康効果も期待できることを踏まえ、適量を食べるようにして秋の味覚を楽しんでください。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

ブルーベリー レシピ ジャム

そのまま食べても、凍らせて食べてもおいしいブルーベリー。みなさんが好きな食べ方はどんな食べ方ですか?体にもよいと言われるブルーベリーのおいしい食べ方や長持ちする保存方法、おすすめのレシピまでご紹介。朝食からお…

美容・健康を応援する「ケールビューティー」がドミノ・ピザから新発売!食べる美容液と言われる栄養満点のケールをふんだんに使用したヘルシーピザです。関東地区の店舗で、2017年9月2日(土)から期間限定発売!

スーパーフードとも呼ばれるキヌアのおいしい食べ方が知りたい!そのままでもいいの?今回は、キヌアのおいしい食べ方を方法別で詳しく紹介。おすすめレシピもまとめました。キヌアを上手く取り入れて、ヘルシーな食生活を目…

二子玉川 フルーツ

青果専門店ならではのこだわりの果物を使ったタルト&フレッシュジュース専門店「旬果フルーツガーデン」が、二子玉川ライズ S.C. 二子玉川 東急フードショーにオープン。新鮮で高品質な果物が使用されたタルトがズラ…

いちご パフェ フルーツ 銀座

資生堂パーラーの運営する「銀座本店 サロン・ド・カフェ」に『長崎県大瀬戸地区産 枇杷パフェ』と『徳島県三好郡東みよし町産 アスカルビーのストロベリーパフェ』が登場。旬の果実を贅沢に使用したこだわりのパフェをぜ…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

まとめ

思わず髪を切りすぎて、後悔したことってありませんか?そんなときに食べると効果的と言われる食材を紹介します。髪の毛の健康を考えて、一日でも早く髪の毛を伸ばすために、食べ物にこだわってみてもいいかもしれませんね!…

ドリンク お茶 まとめ

もうすぐ本格的に花粉の季節がやってきますね〜。花粉症の人にとってはとっても辛い時期。そうじゃない人ももしかしたらいきなり花粉症になるなんてこともあるかもしれませんよ!今回は、花粉症を内面から予防できるお茶を3…

ヨーグルト ドリンク まとめ

花粉症の人は今、とっても辛い人も多いのではないでしょうか?今回はそんな辛い症状を少しでも軽くする食品をご紹介します!栄養もたっぷりなので、健康にも良いものばかりです。是非積極的に摂取して、この辛い時期を乗り越…

バター まとめ

バター不足で、スーパーの棚からバターがなくなったという話も耳にしますが、バターの代替えになる食品ってないのでしょうか?ということで、今回はバターの代わりになる食材についてご紹介します。手作りバターの作り方もあ…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

スープ

「お腹いっぱい食べたい!でもヘルシーな食べ物を口にしたい」これは女性共通の想いですよね。そこでおすすめしたいのが、イトーヨーカドーのレンジアップスープ。具たくさんでヘルシーだと話題の厳選3品を実食し、一番おい…

soyopii

はじめまして。よろしくおねがいします。

https://www.facebook.com/junko.ishijima.9

ページTOPに戻る