【2月16日は寒天の日】おかずやスープ、ドリンクまで!いろいろ使える寒天レシピ。

2月16日は寒天の日。普段あまり使用しない食材かもしれませんが、寒天には海藻が原料で食物繊維が豊富であらためて注目を集めています。意外とさまざまな料理に活用できるって知っていますか?今回は、おかずやスープ、ドリンクなど、様々な寒天レシピをご紹介します!

2020年2月14日 更新
この記事は、三越伊勢丹が運営する、「FOODIE」の提供でお送りします。
2月16日(日)は「寒天の日」! 海藻が原料で食物繊維が豊富な寒天は、近年、あらためて注目を集めている食材です。寒天といえば、羊羹やあんみつなどの和菓子に使うイメージが強いですが、意外とさまざまな料理に活用できるって知っていますか?
今回は、『1日2gで、すっきり快腸! あったか寒天スープ』(小学館)から、普段寒天を使わない人にもぜひ試してほしい、おすすめ活用法を紹介します!

1日2グラムとるのがおすすめ! 寒天を上手に取り入れるコツ

横浜市立大学医学部特任教授の杤久保修先生によると、寒天のパワーを実感するには1日1回2g以上の量をとるのがおすすめだそう。そこで、日常的に寒天を食べるためのコツとレシピを、料理研究家の小菅陽子先生に教えていただきました。

【寒天のコツ1】料理に加えれば、無理なくとれる!

寒天2gを水で煮溶かして固めると、かなりの量になります。でも、それをドリンクに加えたり、ゼリー寄せ風の料理に使ったりすれば、意外と簡単にとることが可能。特にスープにすると温かいままサラサラと食べられるので、手軽に続けられます。

【寒天のコツ2】粉寒天を使うと手軽!

寒天には、棒状の角寒天やひも状の糸寒天など多数の種類があります。中でも粉寒天は、戻す手間がかからず、扱いやすいのでおすすめです。寒天2gあたり250〜300mlの水で2分以上煮溶かして使用するとよいでしょう。
それでは実際に料理を見ていきましょう。

【あったかスープに】鶏と丸ごとトマトの寒天スープ

寒天を固めず、温かいスープにすればより食べやすくなります。少し冷めるととろみが出るので、また異なる味わいに。骨つき肉とトマトを煮込んだスープは旨みたっぷり!
<材料>(2人分)
鶏手羽元…4本
トマト(小)…2個
キャベツ…200g
しいたけ…2枚
にんにく…1かけ
水…600ml

A
粉寒天…小さじ2
顆粒コンソメ…小さじ1
オリーブオイル…小さじ2
塩、こしょう…各少々
万能ねぎ…適量

<作り方>
 1. 鶏手羽元に塩、こしょうをふる。

 2. トマトはヘタを除き、皮に数カ所、浅く切り込みを入れる。熱湯に5〜6秒浸けて冷水に取り、湯むきする。

 3. キャベツは大きめのざく切りにする。しいたけは軸を除いて半分に切る。にんにくは薄切りにする。万能ねぎは小口切りにする。

 4. 鍋にオリーブオイルを入れて弱火で熱し、1とにんにくを炒める。香りが立ったら余分な油脂をペーパータオルで拭き取り、水の半量を加える。

5.  煮立ったらアクを除き、 残りの水、2、キャベツ、しいたけ、Aを加え、10分ほど煮る。野菜がやわらかくなったら塩、こしょうで味をととのえる。器に盛り、万能ねぎを散らす。

【洋風オードブルでおしゃれに】テリーヌ2種

①アボカドとパプリカのテリーヌ

難しいイメージのあるテリーヌも、しっかりと固まる寒天を使えば手軽です。白ワインがほのかに香るゼリーが、料理をワンランク上の味わいに。
<材料>(10×15cmの角型容器<400ml>1個分)
アボカド…1/2個
パプリカ(赤・黄)…各15g
ゴーダチーズ(またはプロセスチーズ)…30g
水…200ml

A
白ワイン、粉寒天…各小さじ1 ※角寒天、または糸寒天を使う場合は4g
顆粒コンソメ…小さじ1/2

B
マヨネーズ…大さじ1
トマトケチャップ…小さじ1
スイートチリソース…小さじ1〜2

<作り方>
1.  アボカドは2cm角に切る。パプリカはさっとゆでてから水けをきり、細かく刻む。ゴーダチーズは1cm角に切る。

 2. 容器に1を彩りよく並べる。

 3. 鍋に分量の水、Aを入れてよく混ぜる。中火にかけ、煮立ったら弱火にし、2〜3分煮る。2の容器にそっと流し入れ、そのまま冷ます。粗熱が取れたら冷蔵庫で冷やす。

 4. 食べやすい大きさに切り、器に盛る。混ぜ合わせたBを添える。

②オクラとかに風味かまぼこのテリーヌ

身近な材料で手軽に作れるオードブル。赤×白×緑の色合いが食卓の上でよく映えます。かに風味かまぼこの甘みとオクラのねばねばとした食感が相性◎。
<材料>(10×15cmの角型容器<400ml>1個分)
オクラ…6本
かに風味かまぼこ…6本
水…200ml

A
白ワイン、粉寒天…各小さじ1 ※角寒天、または糸寒天を使う場合は4g
顆粒コンソメ…小さじ1/2
塩…少々

<作り方>
 1. オクラはガクを除いて、さっと塩ゆでする。

 2.容器に1、かに風味かまぼこを並べる。

 3. 鍋に分量の水、Aを入れてよく混ぜる。中火にかけ、煮立ったら弱火にし、2〜3分煮る。2の容器にそっと流し入れ、そのまま冷ます。粗熱が取れたら冷蔵庫で冷やす。

 4. 食べやすい大きさに切り、器に盛る。

※味が足りない場合は、「アボカドとパプリカのテリーヌ」のBのソースを添えても。

1 / 2

特集

FEATURE CONTENTS