無理せず食べよう!玉ねぎダイエットにおすすめレシピ10選

1. 温まって代謝アップ。豚こまと玉ねぎのブイヨンスープ

Photo by macaroni

ビタミンB1が豊富な豚肉と玉ねぎの組み合わせは、代謝アップや冷え性改善が期待できますよ。硫化アリルのひとつであるアリシンはビタミンB1と結びつき、糖質代謝を活性化させる作用があります。アリシンは水に溶ける性質があるため、スープも残さずいただきましょう。(※1,10,13)

2. やさしい甘みにほっこり。さつまいもと玉ねぎの豆乳味噌汁

玉ねぎは毎日取り入れやすい味噌汁の具にもぴったりですよ。

便秘が気になる方は、食物繊維が豊富なさつまいもと合わせるのがおすすめ。玉ねぎとさつまいもの素材の甘みが感じられるひと品です。温かい汁ものを献立に加えることで体温も上がります。

3. コクとうまみ溢れる。玉ねぎドレッシング

Photo by macaroni

玉ねぎたっぷりのドレッシングを作っておけば、いつでも手軽に食べられますよ。どんな食材にも合う味つけで、野菜だけでなく肉や魚にも合いそうですね。生の玉ねぎは少し食べづらいという方は試してみてください。

4. シンプルに味わって。焼き玉ねぎ

玉ねぎの味をシンプルに味わう焼き玉ねぎ。加熱することで辛みがとんで甘みが引き出されますよ。ヘルシーなおつまみにもよいですね。網で焼いた香ばしさが食欲をそそりますが食べすぎには注意です。

5. ポン酢でさっぱり。玉ねぎとわかめのポン酢サラダ

わかめを戻して野菜を切って和えるだけのスピード副菜。わかめはミネラル豊富でダイエット中には嬉しい食材です。ポン酢しょうゆでさっぱりといただけますよ。切った玉ねぎは水にさらしすぎないようにしましょう。

6. 満足感あり。まるごと玉ねぎのスープ

Photo by macaroni

ボリュームたっぷりの玉ねぎをまるごと使ったスープは、炊飯器で作れます。

切って入れるだけでトロトロなスープができあがるので、忙しいときのもうひと品にも。お持ちの炊飯器が米以外の調理が可能か、必ずチェックしてから試してくださいね。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS