内臓脂肪の燃焼

「ケルセチン」には、脂肪の分解をサポートするはたらきがあるといわれています。ケルセチンは脂肪を分解する酵素「リパーゼ」を活性化させる作用があり、脂肪の燃焼促進が期待されています。(※6)

血糖値を下げる

玉ねぎの辛みのもととされる硫化アリルの一種、「硫化プロピル」や「アリシン」には、血糖値を下げる作用があるといわれています。

「硫化プロピル」は生で食べることでその作用が期待できます。「アリシン」は切ったり刻んだり細胞を破壊することで発生する成分で、ビタミンB1と協力してインスリンの分泌を促すといわれていますよ。(※7,8)

むくみを解消する

玉ねぎには、体内の余分な塩分(ナトリウム)を排出を促すミネラルの「カリウム」も豊富に含まれています。

塩分の摂りすぎによるむくみが気になるときは、カリウムを多く含む食品を取り入れるとよいでしょう。カリウムは玉ねぎのほか、ほうれん草やアボカド、納豆などに多く含まれていますよ。(※9)

代謝をよくする

硫化アリルのひとつである「アリシン」は、ビタミンB1と結びつくと吸収や利用効率が上がり、糖質代謝や疲労物質である乳酸の代謝が促進されますよ。

また、体温が1度上がると、代謝量は13%上昇するといわれています。硫化アリルには交感神経を刺激して体温を上げる作用もあるので、効率のよい代謝アップが期待できます。(※10,11,12)

コレステロール値を下げる

玉ねぎに含まれる「ケルセチン」には、血中の総コレステロールおよびLDLコレステロール値を下げる作用が期待されています。

日本人女性を対象とした研究によると、ケルセチン摂取量が多くなると、コレステロール値が下がったという報告もありますよ。(※2)

玉ねぎダイエットの方法

※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS