玉ねぎの皮は栄養満点!活用レシピと作り方

玉ねぎが血液をサラサラにすることはよく知られていますが、実はいつも捨てている茶色い皮の方が、もっと血をサラサラにする成分を多く含んでいるのだそう。ほかにも皮には効能がいっぱいで、まるで万能薬のよう。恐るべし、玉ねぎの皮!なのです。

2018年11月29日 更新

玉ねぎの皮の活用方法・その1【玉ねぎ皮茶にする】

玉ねぎ皮茶とは

玉ねぎ皮茶とは、その名のとおり玉ねぎの皮で作るお茶のこと。原材料は玉ねぎの皮のみ。普段は捨ててしまう皮の部分で、栄養たっぷり、飲むだけで血がサラサラになるお茶を作れます♪

作り方

1. 玉ねぎ(できれば無農薬)の一番外側の茶色い皮(2個分)を水でよく洗います。

2. 水1Lの中に玉ねぎの皮を入れ中火で5分煮ればできあがり。

3. 一番外側の皮部分を使うので、玉ねぎの匂いや臭みは少ないですが、それでも気になる方はポットに入れて冷蔵庫で冷やすと、よりクセがなくなり飲みやすくなります。

玉ねぎの皮の活用方法・その2【粉末だしにする】

玉ねぎの皮の粉末だしとは

パウダーにすれば、ダシの代わりにしたり、ほかのダシと混ぜて料理にも使えるので、さらに頻繁に玉ねぎの皮の栄養を摂取できます。

ハンバーグにまぜたり、スープに入れたり、サラダにふりかけたり、玉ねぎが苦手な家族の食事にもこっそり使えちゃえますね♪

作り方

1. 玉ねぎの皮をきれいに洗い、しっかり乾燥させます。

2. オーブンでパリパリになるように5分から8分焼きます。

3. フードプロセッサーやミキサー(なければ時間はかかりますが、すり鉢で擦ってもOK)で粉末状にします。

1 / 3

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

rieyutenji

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう