ライター : emi_

お料理を作るのはもちろん食べることも大好きです。仕事柄、地方に行くことが多いので、おいしいものはないかな?といつも探しています。趣味はわんこと公園で昼寝。たき火。皆さんにお…もっとみる

アルゼンチン赤エビとは

アルゼンチン赤エビは、南米のアルゼンチン(サンホルヘ湾沿岸)でのみ獲れるエビです。鮮度がよくお刺身で食べることができ、バナメイやブラックタイガーと比べても購入しやすいのではないでしょうか。 輸入物のアルゼンチン赤エビが生食できるかというと、アルゼンチン赤エビは天然エビでサンホルヘ湾の近くで獲れるため、すぐに冷凍でき鮮度を保つことができるからです。

アルゼンチン赤エビの特徴

赤みが強い

アルゼンチン赤エビの特徴といえば赤みの強さです。ゆでてもいないのに、まるでゆでたような鮮やかな赤が特徴的です。この色の秘密は「アスタキサンチン」です。赤エビは、アスタキサンチンの含有量はほかのエビに比べ多いんですよ。(※1) アスタキサンチンは、トマトやにんじんに含まれるリコペン、β-カロテンと同じ成分になります。活性酸素を抑制する働きがある女性にはうれしい成分です。(※2)

高タンパク低脂肪

アルゼンチン赤エビは、ヘルシーで高タンパク質低脂肪です。100gあたり88キロカロリーで、炭水化物はなんと0!生食でも煮ても焼いても炒めてもおいしいので、たんぱく質が不足気味の方にもおすすめな食材です。(※3)

生食も加熱調理もOK

生でも加熱してもおいしいアルゼンチン赤エビには、遊離アミノ酸という旨味成分がたっぷり含まれています。加熱して旨味たっぷりのお味噌汁やお鍋などおすすめです。赤エビの殻からおだしをとったりもいいのでは!捨てるところがない万能食材ですね。(※4)

アルゼンチン赤エビの基本の下処理

アルゼンチン赤エビをおいしく食べるには下処理が大切!冷凍しているものであれば、水を入れたボウルで解凍しましょう。解凍後のポイントは、水分をきれいに拭き取ること。臭みが断然やわらぎますよ。 殻を剥いたら、爪楊枝や竹串で背ワタをとってください。うまくいくとスルスル切れずにとることができます。また、殻を剥いて背に包丁を入れ背ワタを取る方法もあります。

アルゼンチン赤エビのおすすめレシピ10選

1. 赤エビの漬け刺身

アルゼンチン赤エビの漬け刺身です。にんにくの風味とピリ辛のお醤油で漬けた赤エビはトロッとして甘みが引き立ちますよ。濃厚な旨味に何匹でも食べられてしまいそうですね。お酒のおつまみにぜひ。
Photos:12枚
スーパーでパックに入って販売されているアルゼンチン赤エビ
白くて長方形のお皿に盛られたアルゼンチン赤エビ
丸くい和食器に盛られた赤エビの漬け刺身
白くて丸いお皿に盛られた赤エビとあさりのペスカトーレ
白いお皿に盛られた赤エビのバルサミコ寿司
白くて丸い耐熱皿で作った赤エビのアヒージョ
丸い木製プレートに盛られた赤エビのジャガ衣グリル
木製プレートに盛られた赤エビときのこの旨味パスタ
ストウブで炊かれた赤エビごはんと赤エビのお刺身
黒くて丸い鍋で煮込んだ赤エビのトマトチーズ鍋
白くてぼんやり丸いお皿に盛られた赤エビの酒姿蒸し
白い小鉢に盛られた赤エビのアボカド和え
一覧でみる
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS