ライター : Raico

製菓衛生師 / スイーツ&フードアナリスト / フードライター

情報誌の編集・ライターとして出版社に勤務後、パティシエとしてホテル・洋菓子店・カフェレストランにて修業を重ね、デザート商品開発に携わる。一方でフードコーディネーター、ラッピ…もっとみる

冷めてもふわふわ「イーストドーナツ」の作り方(調理時間:約90分)

Photo by Raico

イーストドーナツとは、小麦粉、砂糖、卵の入った生地をイーストを使ってふくらませたドーナツのこと。ベーキングパウダーでふくらませるケーキドーナツとは違い、パン生地を発酵させるため生地が軽く、冷めてもふわふわに仕上がるんです。 それではシンプルなイーストドーナツの作り方をご紹介します。手ごねで作る基本的な方法で、抜き型なども必要ありませんよ。

材料(約10個分)

Photo by Raico

・強力粉…200g
・砂糖……25g
・塩……2g
・無塩バター……15g
・スキムミルク……10g
・卵……30g
・水……100ml
・ドライイースト……4g
・グラニュー糖……適量
・強力粉(打ち粉用)……適量

生地の作り方

1. 生地を混ぜる

Photo by Raico

ボウルに薄力粉、砂糖、塩、スキムミルク、ドライイーストを入れて混ぜ合わせます。塩とドライイーストは混ざると発酵が悪くなるので、直接触れ合わないようにしましょう。

そのあと、粉類に卵と水を生地に混ぜ合わせます。

2. 生地をこねる

Photo by Raico

生地がまとまったら打ち粉をした台の上にのせ、こねます。片手に体重をのせて生地を引き伸ばしてまとめることを繰り返し、3分ほどこねましょう。 生地にバターを包んで、さらに練り込んでいきます。バターが生地になじんで形がなくなるまで、さらにこねてください。

Photo by Raico

生地を台にたたきつけ、伸ばした生地を織り込むことを数回繰り返します。生地の表面がなめらかになってくるまでこねていきましょう。両手で生地を伸ばしてみて、透けて見えるようになってきたらOKです。

3. 一次発酵する

Photo by Raico

生地をボウルに入れてぬれ布巾をかけて、オーブンの発酵機能で発酵させます。生地が2倍ほどの大きさに膨らめばOKです。 生地に指を入れてフィンガーテストをして、指の形が残るようなら一次発酵の完了になります。

4. 生地を分割をする

Photo by Raico

打ち粉をした台の上に生地を取り出し、スケッパーで生地を8~10個に分割します。

特集

FEATURE CONTENTS