3. 衣を作る

Photo by ako0811

ボウルに溶き卵と冷水を入れてよく混ぜ合わせます。先に卵と冷水を合わせておくことで小麦粉を加えた際に混ぜすぎないですみます。

Photo by ako0811

小麦粉を加え、菜箸などでさっくりかきまぜます。ベチャッとした衣にならないように、小麦粉を入れたら混ぜすぎないようにしましょう。多少粉っぽさが残っていても問題ありません。

※時間が経つとグルテンが活性化し、仕上がりがサクッとしなくなってしまうので、えびの下準備が終了し、すぐに揚げられる状態になってから衣を作りましょう。

4. 180度の油で揚げる

Photo by ako0811

えびのしっぽを持ち衣にくぐらせます。180度に熱した揚げ油にそっと入れましょう。

Photo by ako0811

えびが浮き上がってきたら、上から少量の衣をたらすと花衣になってよりサクサク感が増しますよ。1分ほど揚げたら網の上に取り出し余分な油を切ります。

5. 器に盛り付けて完成

Photo by ako0811

網の上にえびの天ぷらを取り出し、よく油切りをします。器に盛り付け、大根おろしやすだち、レモンや天つゆなどと一緒にいただきます。

えびの天ぷらに合う「副菜」レシピ5選

1. ひじきと小松菜の甘辛そぼろ

天ぷらの副菜には、お野菜の小鉢があると栄養バランスがよいですね。苦手な子どもが多い小松菜も、甘辛くした味付けだと食べてくれそう。色んなお野菜がたっぷりと食べられ、栄養満点の副菜は作り置きしておくと便利です。夕飯のひと品に、お弁当にとさまざまなシーンで活用できそうです。

2. 白身魚揚げ(がんも)と大根のうま煮

サクサクとした歯ごたえがおいしい天ぷらに合わせたいのが、じゅわっと旨みが広がる含め煮。この食感の違いが食卓を楽しくしてくれそう。材料をすべて入れてお鍋でコトコト煮るだけで、味がしみこんだおいしいひと品が完成します。煮込んで手が空いている間に、天ぷらが作れそうですね。

3. 白だしで簡単!高野豆腐のうま煮

和定食の定番おかず「高野豆腐」は、箸休めにも最適なやさしい味わいですね。天ぷらと高野豆腐、余力があれば茶碗蒸しなどがあれば、おうちでもお上品な和食御膳が完成します。高野豆腐のうま煮は冷凍ストックできるので、週末の作り置きレシピとしてもおすすめ。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ