上手に作るコツ・ポイント

卵に火が通りすぎないようにするため、卵に火を通す前に、皿にごはんを盛り付けておいてくださいね。水溶き片栗粉は、片栗粉1、水2の割合で作りましょう。

天津飯に合わせたい献立案

【メイン】ナスジャオロースー

Photo by macaroni

卵がメインの天津飯には、野菜たっぷりのおかずをチョイスしたいですね。シンプルな材料で作る天津飯には、濃い味付けの「チンジャオロースー」はいかがでしょうか。と言ってもご紹介するのは、なす、ピーマン、たけのこをたっぷり加えた「ナスジャオロースー」。たけのこのシャキシャキ感としっとりなすのコントラストが斬新ですよ。

【副菜】ほうれん草のごま和え

Photo by macaroni

天津飯は中華料理と思われていますが、実は発祥は日本という説もあります。となるとホッとする箸休めに和食もありですよね。 こちらは和食に欠かせない「ほうれん草のごま和え」ですが、素材の甘みが口いっぱいに広がり、天津飯にもよく合います。鮮やかな緑が食事シーンを華やかに彩りますよ。中華のテーブルに並べたいひと品ですね。

【汁物】もやしのサンラータン風スープ

Photo by macaroni

ごはん物に外せないスープは「サンラータン」をチョイスしました。もやし、にんじん、たけのこ、椎茸など具材もいっぱい。ラー油を加えてピリ辛に味付けすれば、食欲増進間違いなしです。天津飯に中華スープという組み合わせは、やはりテッパンですね。

どんな味付けでもおいしい天津飯

Photo by sakura4

今回はしょうゆベースの天津飯レシピをご紹介しましたが、甘酢あんや塩ベースのものなど、地方によっていろいろな味付けがあるようですね。 だけど卵とカニカマがあれば、どんな味付けでもおいしい天津飯が作れます。「食べたい!」と思ったらパパッと作ってくださいね。

特集

FEATURE CONTENTS