冷え性の方必見!管理栄養士が教える生姜の効能を発揮する食べ方は?

寒い季節には体を芯から温めるものが食べたくなりますよね。生姜は代表的な体温め食材ですが、生姜が持つ効能はそれだけじゃないんです!生姜に含まれる成分とその効能、さらには栄養を活かすおすすめの食べかたをご紹介。生姜のアレンジレシピ付きなので、この冬にぜひ試してみませんか?

2019年11月26日 更新

生姜の効能は?

殺菌作用

生姜に含まれるジンゲロールには殺菌力があります。さらに吐き気をおさえてくれたり、食欲を増進させる働きもあります。(※1)

しょうがを甘酢につけたガリは、寿司との食べ合わせで定番ですよね。これは口直しとしてだけでなく、生の魚による食中毒のリスクを減らすためでもあるのです。(※1)

消化を助ける

生の生姜に多く含まれるジンゲロールは、胃液の分泌を促したり下痢を抑えたりと、胃腸の働きをよくしてくれる働きがあるのです。また肝臓を保護する働きもあるとされています。(※1)

生姜のさわやかでスパイシーな香りは食欲をそそりますよね。実は栄養素の面から見ても、生姜は食べたものの消化を助けてくれる食材なんです。(※1)

鎮痛効果

冷えからくる頭痛、下痢、月経異常にもよいとされ、生姜を蒸して乾燥させた乾姜が使用されています。(※1)

また神経痛や関節炎など、腰から下半身にかけての痛みを取り除くといわれていますよ。(※1)

ダイエットに役立つ

痩せやすい体質になるためには代謝を促進することが近道。運動を心がけたり、体を温めることが大切ですよね。生姜には血流を改善し、代謝をよくしてくれる働きがあります。(※1)

生姜を食べたからといって劇的に痩せるわけではありませんが、上手に活用することで体の内側から脂肪の燃焼をサポートしてくれます。(※1)

睡眠の質を高める

温かい飲み物を飲むと内臓から体温が上昇します。上昇した体温が下がり始めるときに自然な眠気がおきるので、温かいものを飲むことは睡眠前のリズムをつくるのによいとされています。(※2)

そこでさらに体を温める効果のある生姜を入れれば、体の末端まで温めて睡眠の質を高めてくれます。(※2)
1 / 3
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

ちず

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう