ライター : ako0811

兵庫県西宮市在住の手作り大好き主婦です。特に野菜やお魚、フルーツなど健康的なレシピが好きです。また、外国文化にも興味があり、エスニックなもの、お酒にあうピリ辛なもの、世界を…もっとみる

下ごしらえから丁寧に。海老フライの作り方

Photo by ako0811

調理時間:30分

洋食屋さんでいただくような、「サクッ」「プリッ」食感の海老フライを、家庭でも作りたいですよね。できるだけまっすぐに揚げるには、隠し包丁を入れるのがポイント。くるんと丸まらず、見映えよく仕上がりますよ。コツをおさえて、冷めてもおいしい海老フライを作ってみましょう。

材料(2〜3人分)

Photo by ako0811

・海老……8尾
・小麦粉……適量
・卵……1個
・パン粉……適量
・サラダ油(揚げ用)……適量

コツ・ポイント

おいしい海老フライの作るには、丁寧な下ごしらえが大切。背ワタはもちろん、尾の部分は水や汚れをしっかり取り除きましょう。これらが残ったままだと、揚げた際に油はねしたり、臭みの原因になったりします。また衣に少量のサラダ油を混ぜると、カリカリ食感に仕上がりますよ。

作り方

1. 海老の下ごしらえをする

Photo by ako0811

頭から尾にかけて殻をむきます。海老の背中につまようじや竹串を入れて、背ワタを取り出します。やさしく引っ張り出すと、すっと取れますよ。

Photo by ako0811

尾の部分を斜めにカットします。尾を包丁でしごいて、水分を出します。

Photo by ako0811

そのまま加熱すると丸まってしまいます。海老の腹部分に数か所、包丁で切り込みを入れます。

Photo by ako0811

塩水(分量外)できれいに洗って、キッチンペーパーで水気を取ります。塩水で洗うと汚れや臭みが取り除けるうえに、身が引き締まりプリプリ食感に仕上がりますよ。

2. 海老に衣を付ける

Photo by ako0811

海老にまんべんなく小麦粉をまぶし、余分な粉をはたきます。小麦粉は海老と衣の接着剤のような役割を果たします。

Photo by ako0811

溶き卵、パン粉の順に衣を付けます。

※溶き卵にごく少量のサラダ油(分量外)を混ぜておくと、揚げたあとに衣がよりカリッとしますよ。
※しっかりと食べごたえのある衣が好みの場合は、小麦粉、溶き卵の工程を2回おこなってからパン粉を付けてください。冷めてもサックサクの衣に仕上がります。

3. 海老を揚げる

Photo by ako0811

180℃の油で、表面がきつね色になるまで揚げます。温度が下がらないよう注意して、カリッと素早く揚げます。

※たくさんの海老フライを入れると揚げ油の温度が下がってしまうので、1回に付き3~4本を目安にしてください。

Photo by ako0811

網の上にのせて余分な油を切ったら、器に盛り付け完成です。お好みで、マヨネーズやタルタルソース、レモンなどを合わせてもおいしくいただけますよ。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ