7. ブロッコリーと小海老のかき揚げ

ゆでたり蒸して食べることの多いブロッコリーを、生のままかき揚げにするレシピです。小海老の香ばしさとカリっとした食感がアクセントになって驚くほどのおいしさ。いつもとはちょっと違ったブロッコリーの食べ方は、きっとやみつきになるはず。

8. 豆苗と紅しょうがのかき揚げ

シャキシャキした食感が特徴の豆苗と紅しょうがのコンビは、緑と赤がキレイで食欲をそそります。衣が絡みやすいように、あらかじめ小麦粉をまぶしておくのがポイント。木べらなどの上にのせたら、ゆっくり油に入れると崩れにくいですよ。紅しょうがの味がついているので、そのままでもおいしくいただけます。

9. ゴマとアスパラのかき揚げ

鮮やかな緑色がキレイなアスパラは、衣にごまを加えたかき揚げでいただきましょう。斜めにカットしたら少しずつまとめてカラリと揚げます。火を通したアスパラの甘さと、ごまの風味のコントラストが抜群。お塩を添えてシンプルに食べるのがおすすめです。

10. 丸ごとかぶの醤油かき揚げ

冬に旬を迎えるかぶと葉っぱで作るかき揚げは、醤油で下味をつけてから揚げるのがポイントです。ほんのり香るお醤油とみずみずしいかぶは、あとをひくおいしさ。かぶの葉っぱのほろ苦さも一緒に味わえば、冬らしいひと品のできあがりです。

季節の野菜のかき揚げレシピ5選

11. うどのかき揚げ

春限定の味のひとつ、うどで作るかき揚げは豊かな香りが贅沢なひと品です。真っ白なうどが映えるように薄く衣をつけるとキレイに仕上がります。うどはアクが出やすいので、切ったらすぐに水にさらすのも忘れずに。独特の香りと食感は大人の夕食におすすめです。

12. とうもろこしと大葉のかき揚げ

Photo by macaroni

夏野菜の定番、とうもろこしを大葉に包んだかき揚げは見た目の華やかさに食欲をそそります。生のとうもろこしは、専用のピーラーを使うとキレイに実を取ることができますよ。バラバラになりやすい実も、天ぷら粉をまぶしてから大葉に包むとしっかりまとまります。ビールのお供にもぴったりですね。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ