フルーツグラノーラは太りやすい…?おすすめの食べかたとレシピをご紹介

朝食に大人気のフルーツグラノーラ。ドライフルーツが入っていて満腹感もあるし、なんとなくヘルシー?それとも甘いから太りやすそう?など、あなたはどんなイメージを持っていますか?今回は気になるカロリーや栄養素を踏まえたおすすめの食べかた、管理栄養士が選んだレシピを紹介します。

2019年9月11日 更新

ライター : 管理栄養士/佐々木梓

管理栄養士

妊産婦食アドバイザー、インナービューティーダイエットアドバイザー。医療機関の管理栄養士として、乳幼児から高齢者まで幅広い対象者に向けた食事カウンセリングをおこなう。料理教室…もっとみる

フルーツグラノーラは太りやすい?

グラノーラとは、麦、米、とうもろこしなどの穀物加工品と、ナッツ類、シロップ、植物油を混ぜてオーブンで焼いたものです。(※1)フルーツグラノーラはグラノーラにドライフルーツを入れたもの。忙しい朝でも手軽に食べることができ、穀物の食物繊維を補給できます。 しかし甘いシロップやドライフルーツが使われているため、食べ過ぎると肥満につながってしまう可能性も!

フルーツグラノーラのは高カロリー?

フルーツグラノーラの気になるカロリーは100gあたり約440kcal。1食(50g)あたり約220kcalです。(※9) 同じ炭水化物の食材である白米は100gあたり168kcal。1食(150g)あたり252kcalです。食べる量に個人差がありますが、フルーツグラノーラ1食分は白米を茶碗1杯食べたときと同程度のカロリーと言えそうです。(※2)

フルーツグラノーラの栄養素は?

糖質

フルーツグラノーラ100gあたり約63.2g。1食(50g)あたり約31.6gの糖質が含まれます。(※9)少量でもエネルギーのもととなる糖質を手軽にとることができます。 しかしフルーツグラノーラは単品で食べるかたも多いですが、その場合は食べ過ぎにより糖質の摂取量が増えてしまいやすいので注意しましょう。

脂質

フルーツグラノーラには100gあたりの約15.4g、1食(50g)あたり約7.7gの脂質が含まれます。(※9) 白米の脂質は100gあたり0.3g、1食(150g)あたり0.5gなので、比較するとフルーツグラノーラは白米よりも脂質が高いです。(※2) 脂質は糖質と同じく体を動かすために必要なエネルギー源ですが、1gあたり9kcalと高カロリーなため、とりすぎると肥満につながりやすいので食べすぎには気をつけましょう。(※10)

食物繊維

フルーツグラノーラには100gあたり9.0g、1食(50g)あたり約4.5gの食物繊維が含まれています。(※2)穀類やドライフルーツを材料とするため食物繊維が豊富です。 食物繊維は腸内環境を改善する働きがあるため、便秘に悩むかたは特に意識していただきたい栄養素です。特に、フルーツグラノーラには不溶性食物繊維が多いのが特徴です。水分を吸収して便のかさを増やし腸の動きを良くする働きがあるので、しっかり水分補給をするようにしましょう。(※3,4)
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS