少しずつ秋の食卓。一週間の晩ごはん献立【vol.19】

働いて、家事をして、子どもの面倒を見て…。一週間なんてあっという間に過ぎてしまうもの。あらかじめ一週間の晩ごはんを考えておけば、心にも時間にも余裕ができますよね。今週を楽しく、おいしく過ごせるような「一週間の晩ごはん献立」をご紹介します♪

2019年8月31日 更新

少しずつ秋を感じる食卓

夏も終わり、少しずつ感じる秋の気配。ちょっぴりさみしい気もしますが、秋は秋でおいしいものがたくさん!

新学期が始まり、各自いつものペースに戻る大切な季節。しっかりと食べて体調を管理したいところですよね。

今回も、手に入りやすい肉や卵を中心に、秋の食材を取り入れつつ1週間の献立を考えました。

月曜「ほっこり和食の献立」

メイン「肉巻きなす南蛮」

肉巻きなす南蛮

Photo by macaroni

夏から秋にかけておいしくなるなすを使った「肉巻きなす南蛮」は、晩ごはんのメインにもお弁当のおかずにもなる万能選手。

太めに切ったなすに豚肉を巻いたら、きゅっと握って豚肉をしっかりなすに巻き付けて。表面をカリッと焼いたらタルタルソースをかけて仕上げです。豚肉は香ばしくなすはジューシーに。「また作って!」のリクエストが来るおかずです。

サブ「基本の小松菜の胡麻和え」

基本の小松菜の胡麻和え

Photo by macaroni

覚えておくと便利なのが「小松菜の胡麻和え」。メインでこそないものの、添え物にしたりお弁当の彩りにと、作っておくといろいろな場面で活躍してくれますよ。

おいしく作るポイントは、茎と葉を時間差でゆでること。さらに、ゆであがったらしっかりと水けを切るのも、しっかりと味を含ませる大きなポイントです。

火曜「胃腸を休めるほっこり定食」

メイン「厚揚げステーキの豆苗そぼろあんかけ」

厚揚げステーキの豆苗そぼろあんかけ

Photo by macaroni

残暑で胃腸が疲れているときは、出汁が効いたそぼろあんかけで体調を気遣った晩ごはんを。鶏肉の旨みと豆苗のシャキシャキ感が、香ばしい厚揚げをやさしく包みます。

厚揚げの表面をしっかりと焼くことで、カリッと香ばしく仕上がります。鶏肉の代わりに豚や合いびき肉で作るとまた違ったおいしさを味わえますよ。
1 / 4

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

muccinpurin

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう