ライター : IsFoodHealthLABO

I's Food & Health LABO.(アイズフードヘルスラボ) 管理栄養士、栄養士をはじめとした有資格者が所属する食と健康のエキスパート集団。EBN(Evidence Based Nutrition)の考え方を大…もっとみる

究極の豚汁作りの3カ条

Photo by 和食ライフスタイリストmarie

1. 具材の選び方

まずは食材にどんな作用があるのかを知り、選ぶ具材を選ぶことが大切です。今回のレシピに使用した具材の役割をお伝えしていきます。 豚汁に生姜を入れることで、豚肉のくさみを消して、さっぱりした仕立てに仕上がります。またこんにゃく、里芋、サツマイモを入れることで糖質の甘さが加わり、豆腐を入れることで、大豆の旨味が加わりますよ。甘さと旨さが豚汁に深い味わいをもたらしてくれます。

2. ごま油で下炒め

ごま油で肉や野菜を炒めることで、具材にごま油の香ばしさを移すことができ、より一層おいしく食べることができます。ごま油の香りは食欲をそそるので、完成した豚汁でほんのりごま油を感じると、食欲がそそる仕立てになるのもおいしくなるポイント!

3. お味噌の選び方

味噌には米味噌、豆味噌、麦味噌と3種類に大別されますが、豚汁は米味噌がオススメです。米味噌は、大豆に米麹を加えて作られているので、大豆の旨味と米の甘みが合わさっており、深い味わいが堪能できます。また、米麹が入っているので白ご飯との相性も抜群なのも、おいしく作るポイントのひとつですね。

むずかしいポイントなし!基本の豚汁レシピ

材料(4人分)

Photo by 和食ライフスタイリストmarie

・こんにゃく……50g ・豆腐……200g ・里芋……70g ・サツマイモ……50g ・大根……100g ・人参……40g ・玉ねぎ……50g ・しいたけ……30g ・ごぼう……30g ・白ねぎ……15g ・油揚げ……20g ・豚肉……300g ・水……1L ・和風だし顆粒……10g ・米味噌……40g ・生姜……5g ・ごま油……5cc

下準備

玉ねぎ、白ネギ、人参、ごぼう、大根、里芋、サツマイモの皮をむきます。ひとつの食材を剥いては切って、と工程を踏むよりも一気に皮を剥くと時短になりますよ。

Photo by 和食ライフスタイリストmarie

1. 玉ねぎは5mmスライスにします。5mmスライスだと溶けてしまうことがあるので、玉ねぎ感を残したい場合は、乱切りでも良いですよ。

Photo by 和食ライフスタイリストmarie

2. 白ねぎは小口切りにします。こちらも、白ねぎ感を残したい場合は3cm幅の斜め切りが良いでしょう。

Photo by 和食ライフスタイリストmarie

3. 人参は小口切りにします。今回は細い部分だったので小口切りにしましたが、太い部分の場合は、半月切りにすると食べやすいですよ。

Photo by 和食ライフスタイリストmarie

4. ごぼうはささがきにします。細い部分は、鉛筆を削るように包丁を動かしますが、太い部分は、浅い切れ目を入れてあげると切りやすいですよ。

Photo by 和食ライフスタイリストmarie

5. 大根はいちょう切りにします。今回は、太い部分だったのでいちょう切りですが、細い部分の場合は、半月切りでも良いですよ。

Photo by 和食ライフスタイリストmarie

6. しいたけは薄切りにします。カサが小さいしいたけの場合は、少し厚めに切っても良いですよ。

Photo by 和食ライフスタイリストmarie

7. 里芋は乱切りにします。土がついた里芋から下処理をしても良いですが、里芋の皮を剥いた商品を使うと時短に繋がりますよ。

Photo by 和食ライフスタイリストmarie

8. サツマイモは乱切りにします。今回は皮をすべて剥きましたが、皮を残して紫色を出すと彩りが良くなりますよ。

Photo by 和食ライフスタイリストmarie

9. 油揚げは1cm幅に切ります。切った後には余分な油と、酸化した油を取り除くために、お湯をかけて油抜きをおこないましょう。

Photo by 和食ライフスタイリストmarie

10. 豆腐は3cm×4cmの大きさに切ります。1cm角のダイスカットでも良いですが、今回は見た目を重視して大きめに切っています。

Photo by 和食ライフスタイリストmarie

11. こんにゃくは手でちぎった後、沸騰したお湯に3分ほど入れてアク抜きを行います。アク抜きをおこなう前に、箸で数カ所穴を開けると、よりアクが抜けやすいと言われています。

特集

FEATURE CONTENTS