オリーブオイル入り!おいしい脂肪燃焼スープの作り方

基本の脂肪燃焼スープは、ストイックにダイエットをしたい方向けです。おいしく食べてダイエットをしたい方は、少量のオリーブオイルを使用した脂肪燃焼スープを作ってみましょう。基本の材料に、オリーブオイルを小さじ1杯加えるだけで、驚くほどおいしさがアップしますよ。

作り方

玉ねぎとセロリに、小さじ1杯のオリーブオイルと、小さじ1/2杯の塩を加えてじっくり炒めます。玉ねぎとセロリがしんなりして、薄いきつね色になったら、残りの野菜と塩小さじ1/2杯を加えて、蓋をして蒸し焼きにします。 キャベツのカサが減ったらトマト缶と水、コンソメスープの素、ローリエを加えて20分以上煮て完成です。こちらのスープも一旦冷ますことで、野菜の旨味がスープに溶け出し、おいしくいただけます。

脂肪燃焼スープのアレンジ方法

毎日飽きずに食べるため、しょうがやにんにく、お好みのハーブやスパイスを足してアレンジしてみましょう。 カレー粉を加えたり、コンソメスープの素の代わりに鶏がらスープを使ってもおいしいですよ。脂肪分や糖分を多く含む食品や調味料を避けて、アレンジを楽しんでください。

脂肪燃焼スープでダイエットしてみよう!

脂肪燃焼スープダイエットの基本的なルールは、「毎日脂肪燃焼スープをしっかり食べる」「7日間決められた食べ物とスープだけを食べる」「糖分を含む飲み物や炭酸飲料、アルコールは禁止」の3つ。お腹が減ったときに、脂肪燃焼スープを食事や軽食として食べましょう。 基本的に飲んでもいい水分は「水」「ブラックコーヒー」「お茶」です。また、砂糖や小麦粉を使用した食品や、油を含む食品や調理法もNGなので、意識して避けるようにしましょう。

脂肪燃焼スープダイエットのルール

1日目「フルーツと脂肪燃焼スープ」

「バナナ以外のフルーツ」と「脂肪燃焼スープ」を食べます。1日目は、果汁100%のジュースを飲んでもOKです。脂肪燃焼スープを食べたあとに、デザートとしてフルーツを食べると満足感を得られそうですね。

2日目「野菜と脂肪燃焼スープ」

「野菜」と「脂肪燃焼スープ」を食べます。豆とトウモロコシ以外の野菜を、油を使わない調理法(蒸し・焼きなど)で食べましょう。夕飯にのみ、糖質を多く含むベイクドポテトを食べてもいいというルールがあります。 ※糖質を含む根菜類も食べてはいけない、というストイックな方法もあります。ストレスなくおこなえる方法を選びましょう。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS