体のデトックスに!脂肪燃焼スープの作り方&ダイエット方法

健康的にしっかり「食べる」ダイエット方法があります!脂肪が燃えやすい体にととのえる「脂肪燃焼スープ」の作り方と、脂肪燃焼スープを食べるダイエット方法をご紹介していきます。思い立ったら、すぐにスーパーで材料の野菜を買い込んで、鍋で脂肪燃焼スープを作りましょう!

2019年8月29日 更新

脂肪燃焼スープの作り方

脂肪燃焼スープを盛った器と野菜があるテーブル

Photo by uli04_29

野菜不足や暴飲暴食が続いたら、「脂肪燃焼スープ」と呼ばれている、野菜をたっぷり使ったスープを作りましょう。5種類の野菜とトマト缶を使った、簡単な脂肪燃焼スープの作り方をご紹介していきます。

材料(作りやすい分量)

・キャベツ……1/2個
・玉ねぎ……2~3個
・ピーマン……2個
・にんじん……1本
・セロリ……1本
・トマト缶……1缶
・コンソメスープの素……1個
・塩……小さじ1杯
・ローリエ(あれば)……1枚
・水……適量(400ccほど)

※トマト缶の代わりに生トマトを使う場合は、中サイズのトマトを3個ほど角切りにして入れてください。

作り方

1. 野菜を食べやすい大きさに切る

玉ねぎとにんじんは小さめの角切りに、セロリは茎も葉も細かくみじん切りにします。キャベツはざく切りに、ピーマンはひと口大に切りましょう。

2. 大きな鍋に材料をすべて入れて20分以上煮込む

大きな鍋に切った野菜とトマト缶、水、コンソメスープの素、ローリエを上にのせて煮込みます。ひと煮立ちさせたら、蓋をしてじっくり20分以上煮込みましょう。

3. 野菜がやわらかくなったら塩で味をととのえて完成

野菜がやわらかく煮えたら、塩を加えて味をととのえて完成です。時間があれば、そのまま鍋ごと冷ましてください。

作るときのコツ

煮込んだスープはそのまま置いて、一旦冷ますのがおすすめです。冷ますことで、野菜の旨味がスープに溶け出し、コクのある脂肪燃焼スープになります。

数時間からひと晩寝かして、食べやすい脂肪燃焼スープに仕上げましょう。
1 / 3

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

uli04_29

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう