ライター : かやのゆみこ

AISO(イタリアソムリエ協会)認定オリーブオイルソムリエ

以前は旅の楽しさを伝える仕事、今は地域や食の魅力を伝える仕事に従事。国内外問わず、その土地ならではの食とお酒を味わうのが大好きです!

市販の素(もと)を使わず本格「ホイコーロー」を作ろう

Photo by sakura4

ホイコーロー(回鍋肉)をおうちで作るとき、ついつい頼ってしまうのが市販の素。具材をチャチャッと炒め、基を混ぜ合わせれば味が決まるという手軽さが魅力です。

実は、中華調味料である甜麺醤(テンメンジャン)と豆板醤(トウバンジャン)を使えば、簡単に本格的なホイコーローが作れるんです。

甜麺醤とは、小麦粉を原料に麹(こうじ)を加えて発酵させ、砂糖や香辛料を加えた甘味噌のこと。コクのあるまろやかな風味が特徴です。豆板醤はそら豆と唐辛子が主原料の発酵調味料で、ピリッとした辛味付けに使われます。辛いのが得意ではない方や子どもと一緒に食べる場合は、豆板醤を少なめにするなど、量を増減することで辛さの調整が可能です。

甜麺醤がないときはどうする?

甜麺醤がなくても大丈夫!おうちにある調味料で代用が可能です。味噌に醤油、砂糖、ごま油を加えて混ぜ合わせると、甜麺醤に近い味になりますよ。

分量は味噌大さじ1杯に対して、醤油小さじ1/2杯、砂糖小さじ1/2杯、ごま油1滴。赤味噌を使うと、より甜麺醤の風味に近づけることが可能です。ぜひお試しください。

簡単本格「ホイコーロー」レシピ

Photo by sakura4

豚肉とキャベツを炒めて作るホイコーローは、中華料理の人気メニュー。食卓にのぼる家庭料理としてもおなじみです。お肉も野菜もたっぷりとれて、栄養も食べ応えも満点。甘辛い味付けは、ご飯もお酒もすすみますよね♪

おうちで簡単にプロの味が楽しめるホイコーローの作り方をご紹介します。調理時間は約20分です。

材料(2人分)

Photo by sakura4

・豚バラ肉……160g ・キャベツ…… 200g ・ピーマン……1個 ・長ねぎ……1/2本 ・ニンニク……1かけ ・豆板醤……大さじ1/2杯 ・甜麺醤……大さじ1杯 ・酒……大さじ1杯 ・醤油……大さじ1/2杯 ・砂糖……小さじ1杯 ・こしょう……少々 ・サラダ油……大さじ2杯 ・水溶き片栗粉……適量

下準備

Photo by sakura4

ボウルに、みじん切りにしたニンニク、豆板醤、甜麺醤、酒、砂糖、醤油、こしょうを入れて混ぜ合わせ、合わせ調味料を作っておきます。

おいしく作るコツ・ポイント

合わせ調味料は、調理前に混ぜ合わせておくのがポイントです。手際が勝負の中華料理では、下準備が肝心。このひと手間が味を左右するといっても過言ではありません。

具材を炒めている間に調味料を混ぜ合わせると、炒め時間が長くなり、炒めすぎてしまう可能性があるので注意してくださいね。豆板醤の量は、お好みの辛さに合わせて調整しましょう。

最後に加える水溶き片栗粉は、全体のまとめ役。野菜から出る水分を吸い、風味も見た目もおいしく整えてくれます。

編集部のおすすめ