白ごはんがススム!夏こそ食べたい「辛うまレシピ集」

いよいよ本格的な夏がやってきました。日本の夏は気温と湿度の不快なダブルパンチで、食欲も落ちてしまいがち。そんなときこそ痺れる辛うまメニューで、スタミナをつけるべし!辛い物好き筆者が白ごはんとともにかきこむ、自慢の辛うまレシピをご紹介します。

2019年7月31日 更新

作り方

1. 下処理した鶏むね肉にまんべんなく片栗粉をまぶします。

2. 炊飯器に鶏肉、ねぎの青い部分とスライスした生姜を入れ、肉にかからないように3~4合のメモリまで熱湯を注ぎます。炊飯器の保温モードで1時間放置

3. 好みの厚さにスライスして、特製だれをかければ完成です!

もうこの、シズル感たっぷりのたれが絶品で、見ているだけでよだれが出てきませんか?炊飯器に入れてスイッチを押すだけなので、苦労することなくやわらかいよだれ鶏にありつける、手前味噌ですが完璧なレシピです!

5. よだれ鶏のシメはこれ!「ピリ辛和え麺」

材料(2~3人前)

・そうめん……1わ
・よだれ鶏のたれ……適量
・ごま油……小さじ2
・鶏のゆで汁……適量
・香草……適量
・卵黄……2~3個

作り方

1. そうめんはゆでて冷水で締め、ざるにあげます。温めたよだれ鶏のゆで汁にさっとくぐらせて器に盛ります。

2. 1人分につきごま油小さじ1杯を回しかけ、残ったよだれ鶏のたれをかけて卵黄と香草をトッピングして完成です!全体をよく混ぜて召し上がれ♪

炊飯器で簡単にできるよだれ鶏ですが、ご飯が炊けないのがちょっとした問題に。そんな日は、短時間で準備できるそうめんでできる、さっぱり麺で締めましょう。ピリ辛だれと卵黄のまろやかさが、これまた絶品!たれも残さず食べられる、簡単レシピです。

この夏は、辛うまで暑さに勝つ!

麻婆トマト

Photo by muccinpurin

熱気がこもりがちなキッチンでも簡単に調理できるように、レンジや炊飯器をうまく使取り入れました。暑い夏こそ、使えるものは使って賢く調理するのが吉。

汗をかきながら辛うまおかずでかきこむ白ごはんは、夏の最高の楽しみです!もちろん、キンキンに冷えたビールもお忘れなく♪

▼詳しい作り方はInstagramへどうぞ♪

3 / 3

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

muccinpurin

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう