米麹で作られた甘酒

米麹を発酵させて作る甘酒は、発酵食品のひとつ。米麹甘酒に含まれるオリゴ糖や食物繊維が、善玉菌のエサとなり、腸内環境を整えてくれます。砂糖が入っていないのに、お米由来の自然な甘みがあるのも嬉しいところ。甘いものが飲みたくなる時間に、甘い清涼飲料水や乳飲料などの代わりに飲むのがおすすめです。 甘いだけでなく、糖質のエネルギー代謝に必要となるビタミンB群やアミノ酸などを含むため、ダイエット中に不足しがちな栄養補給にもつながります。(※15,16)

フレッシュバナナジュース

バナナに含まれるオリゴ糖や食物繊維は、腸内細菌のエサとなり、腸内環境を改善するサポートをしてくれます。バナナをそのまま食べるのもいいですが、無調整豆乳や無糖のヨーグルトを加えてミキサーにかけ、バナナジュースとして飲むのがおすすめです。 ダイエット中に不足しがちなたんぱく質も補給することができます。ヨーグルトの場合は、乳酸菌との組み合わせで、より一層、腸内環境の改善に役立ちますよ。 また、バナナには、塩分バランスや水分バランスを整え、むくみ解消をサポートしてくれるカリウムが豊富に含まれているのも女性に嬉しいポイント。豆乳バナナジュースに、小松菜やキウイフルーツを加えると、さらにビタミン・ミネラルが効率よく補給できますよ。(※4,13,16,17,18)

食べ過ぎを抑えてくれると噂の飲み物

スムージー

野菜や果物を繊維ごと滑らかにしたスムージーは、食物繊維を効率よくとることができます。ダイエット中は便秘になりがちですが、食物繊維には、腸内環境を整える働きがあるため、積極的に摂りたい栄養成分です。 コンビニやスーパーで売っている紙パックの野菜ジュ―スでは、ビタミンなどの栄養はあっても、食物繊維があまり入っていないものがあるので、パッケージの栄養成分表示をしっかりチェックをして選びましょう。(※1,14)

炭酸水

炭酸水は、水に二酸化炭素を加えたものです。 巷では、よく「炭酸水がダイエットに効果的」といわれていていますが、現時点では、科学的根拠は明らかになっていません。 無糖の炭酸水であれば、カロリーがないため、カロリー制限中も安心して飲める飲料として取り入れるのもいいでしょう。ただし、コーラやサイダーなどの炭酸は、砂糖や異性化糖が多く含まれていて高カロリーなため、ダイエット中は控えた方が良いでしょう。

飲み物は賢く選んでダイエットをしよう!

ダイエット中は、食べる量を極端に減らしてしまうと、栄養が不足になってしまうことも。もちろん、無理をせずバランスの良い食事を摂るのが一番大切ですが、不足しがちな栄養素を飲み物から効率よく補給できたら良いですね。その際には、糖質や脂質がなるべく低いものを選び、カロリーを摂りすぎないよう気をつけましょう。 今回ご紹介したものでも、ダイエット中でも安心だからと大量に飲むのはNG。適量を守りましょう。
【参考文献】
(すべて2019-7-23 参照)
【文】管理栄養士・米粉おやつ専門家 / 中村りえ
米粉のおいしさを伝えるべく、米粉おやつ専門家として活動中。家族が小麦アレルギーを発症し、米粉を使うようになり、米粉のおいしさに魅了される。子どもに作ってあげたい<簡単×しい×体にやさしいおやつ>を伝えるためのオンラインサロン「米粉おやつLabo」を運営。そのほか、商品・レシピ開発、セミナー講師、メディア出演など幅広く活躍中
【監修】管理栄養士 / 藤橋ひとみ
I's Food & Health LABO.(アイズフードヘルスラボ)代表 毎日の食事で心身のトラブルを予防・改善できる社会の実現を目指し、フリーランス管理栄養士として活動中。 東京大学大学院、医学博士課程在籍。EBN(科学的根拠に基づく栄養学)の考え方を大切に、コラム執筆・監修、メディア出演等、健康情報を伝える活動や、食と健康の専門家のスキルアップ支援を行う。大の大豆・発酵好きで、国内外にてその魅力を発信している。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ