米類で選ぶなら?

ダイエット中には、白米を玄米などの未精製のお米、大麦やもち麦などの雑穀類に置き換えるのがおすすめです。

白米よりも玄米や雑穀類を

玄米や雑穀類は白米に比べ、食物繊維やビタミン、ミネラルを豊富に含んでいます。食物繊維には、血糖値の上昇を和らげる、血液中のコレステロール濃度を下げる、といった嬉しい生理機能があることが明らかになっています。 日本人は食物繊維やビタミン、ミネラルが不足しがちといわれているため、積極的に摂りたい栄養成分です。いつものごはんを置き換えるだけで、簡単に補給できるなら嬉しいですよね。(※3,6)

ダイエット中に気を付けたいこととは?

よく噛んで食べましょう

「よく噛んで食べることは健康に良い」と耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか。 最近の研究では、早食いが肥満と関連を持つのではないかと考えられるようになってきました。そのため、ダイエット中は特に「ゆっくりよく噛むこと」を意識したいですね。 さらに、ごぼうやにんじん、れんこんなどの歯ごたえのある根菜類の食材も上手に活用するのがよいでしょう。(※7)

食べる量はきちんと意識して

一般的には、運動などで消費するエネルギーよりも、食事で摂取するエネルギーを上手に調整することで体重を減らすことができるといわれています。 お腹いっぱい満足するまで食べるのではなく、腹八分目や腹七分目で切り上げる意識を持つとよいでしょう。(※1,8)

食べる時間も大事

ダイエット中の場合には、特に食べる時間も意識したいポイント。 遅い時間の飲食は、活動量が下がることもあり、体内に脂肪で蓄積されやすいとも考えられます。なるべく、就寝前の3時間は飲食を控えましょう。(※8)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS