ライター : IsFoodHealthLABO

I's Food & Health LABO.(アイズフードヘルスラボ) 管理栄養士、栄養士をはじめとした有資格者が所属する食と健康のエキスパート集団。EBN(Evidence Based Nutrition)の考え方を大…もっとみる

ダイエット中、ご飯を食べなくても平気?

ダイエットを始めるとき、まず食事制限を考える方も多いのではないでしょうか。しかし、極端に食べる量を控えたり、特定の食品ばかりを食べるダイエット方法では、一時的に減量に成功したとしても、すぐにリバウンドをしてしまうことも。 食べたいものを我慢し続けることでストレスがたまったり、必要な栄養素が不足したり、便秘や骨粗鬆症、貧血、月経異常などのリスクが高まるおそれもあります。 また、食事を抜いてしまうと、次の食事の後に血糖値が急上昇しやすくなることが明らかになっています。 血糖値を下げようと、体内ではインスリンが分泌されますが、インスリンの過剰分泌は中性脂肪を増やすことに繋がってしまいます。食べないダイエットはかえって太る可能性があるため、避けたほうがよいでしょう。(※1,2)

ダイエット中には、どんなものを食べたらいい?

肉や魚の選ぶポイントは?

ダイエット中は、カロリーや脂質の面から、肉や魚を食べることは避けてしまいがちですが、選び方を工夫すれば、ダイエットの味方になってくれます。

脂が少ない部位を選ぶ

肉類は脂質の少ない部位を選ぶのがおすすめ。「牛肉」はヒレの赤身の部位、「豚肉」はももの赤身の部位を、「鶏肉」は胸肉やささみを選ぶと、比較的カロリーを抑えられます。 また、鶏肉は皮の有無によって、カロリーに大きな差が出るため、皮を除いて調理するとよいでしょう。魚類は、脂質が少なめでカロリーの低い「白身魚」がおすすめ。

調理方法を工夫する

油を多く使用するような揚げ物や炒めものはカロリーが高くなる傾向があるため、蒸す・ゆでるなど、油を使わない調理法を選ぶと、よりヘルシーに楽しめますよ。 魚の場合は、刺身もおすすめです。(※3)

どんな野菜がおすすめ?

野菜は、ビタミン、ミネラル、食物繊維など、私たちの健康を維持するために大切な栄養素を多く含んでいます。 特に、食物繊維の中でも水に溶けるタイプの水溶性食物繊維は、脂質・糖質・ナトリウムを吸着して体の外に排出する働きがあるため、ダイエット中には積極的に摂りたい栄養素のひとつです。

ネバネバする食品を選ぼう

モロヘイヤ、オクラ、山芋などのぬるぬるネバネバする野菜は、特に多く水溶性食物繊維を含んでいるので、積極的に活用するとよいでしょう。(※3,4,5)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS