ダイエット中でもしっかり朝食を!管理栄養士が教える食事のとり方のコツ

ダイエット中で気になることの多い食事。その中でも朝食はどのように考えたらよいのでしょうか?そこで管理栄養士が、ダイエット中の朝食について解説します。またおすすめのレシピもご紹介しようと思います。

2019年7月4日 更新

ダイエット中、朝食を抜くとデメリットがある?

1. 太りやすくなる

朝食は体温を上昇させるはたらきがあります。体温と代謝はリンクしていて、体温が上がれば代謝が高くなり、やせやすい体を作ることに繋がります。反対に朝食を抜いてしまうと、日中低い体温で過ごすことになり代謝も落ちてしまい、太りやすくなると考えられています。

2. 体がリセットされない

私たちの体には体内時計の機能がもともと備わっています。ただこの体内時計は、1日25時間サイクルで回っていて、実際の1日24時間と時差があります。

この時差をリセットする方法のひとつが朝食を食べること。朝食をとることで、体内時計がリセットされしっかりとを体を目覚めさせることができます。

3. 集中力が低下する

朝食を食べないで体内時計がリセットされないと、体は起きていても体内は夜のままという状態になっています。夜つまりリラックスモードになってしまっているため、集中力や記憶力が低下してしまうと言われています。
1 / 5

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

fujiko0503

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう