上手に保存で賢く日持ち!チンゲン菜の3つの冷凍方法

鮮やかな緑色とシャキシャキとした食感が特徴のチンゲン菜。独特の苦みと香りが、好きな方も多いはず。そんなチンゲン菜ですが、冷凍保存が効くのをご存知でしょうか?生のまま、ゆでて、炒めての3つの冷凍保存方法をご紹介。チンゲン菜を使ったレシピも5つ登場します。

2019年6月10日 更新

ライター : 調理師/mau_naka

調理師

フードスペシャリスト/ふぐ取扱登録者/発酵食品マイスター/発酵食健康アドバイザー/漢方コーディネーター/薬膳調整師 やんちゃな男の子ふたりを育てながらも大好きな料理に関する追及は…もっとみる

チンゲン菜は冷凍保存が便利!

シャキシャキとした食感と心地いい苦みがおいしいチンゲン菜ですが、実は冷凍保存がおすすめなんです。チンゲン菜は傷みやすいお野菜なので常温保存には向きません。 冷蔵庫に入れる際は、乾燥しないよう湿らせたキッチンペーパーで包んで保存袋に入れておくのがいいでしょう。この方法で冷蔵保存しても日持ちは4日から5日ほど。冷凍保存なら2週間から長くて1ヶ月ほど長期保存が可能になるんです。

1. チンゲン菜を生のまま冷凍する方法

まずは、いちばんシンプルな方法をご紹介します。生の状態のまま食べやすい大きさにカットしてから冷凍することで、炒め物や煮物、スープになどさまざまな料理に使うことができます。なんと保存期間の目安は1ヶ月!

材料

冷凍用保存袋

冷凍方法

1. チンゲン菜をよく洗い、水気を拭き取ります。 2. 食べやすい大きさにカットしましょう。 3. 冷凍用保存袋に入れ、軽く押して中の空気を抜きましょう。 4. 冷凍庫で保存します。

解凍方法と食べ方

食べやすい大きさや、使いやすい大きさにカットしてから冷凍するので、調理の際は凍った状態のまま調理が可能です。炒め物や煮物、スープにするなど、幅広い料理に使うことができます。

2. チンゲン菜をゆでてから冷凍する方法

チンゲン菜はゆでた状態で冷凍保存することもできます。煮物に使う時にもおすすめですが、シャキシャキ食感を活かすため、調理の際にはサッと火を通すだけにしたい!という方にもぴったりの方法ですよ。こちらも1ヶ月ほど保存可能です。

特集

FEATURE CONTENTS