3. なすのピリ辛和え

ナスは、ゆでなくてもレンチンで簡単にできます。ピリ辛の豆板醤が味のアクセントになり、味ポンでサッパリといただけます。ご飯が進みますよ。これに中華風の卵スープでもセットにすれば中華定食として組み合わせバッチリですね。

【汁物】牛肉と小松菜の炒め物に合うおすすめ献立3選

4. 我が家のふんわりとろ~り、たまごスープ

中華の定番とも言える卵スープです。中華スープの素に玉ねぎと溶いた卵を加えます。水溶き片栗粉でとろりとした、やさしい口当たりに。卵は腰がなくなるまでしっかりと溶いて、少しずつ加えて雲のようにふんわりと仕上げることがポイントです。

5. あさりと大根のにんにく中華スープ

中華風のスープですが、具には卵と野菜、アサリを使っています。鶏ガラスープの素を使っていますが、アサリからもいいダシが出ます。ニンニクのすりおろしと、仕上げに加えるゴマ油が味の決め手です。溶き玉子も加えて豊かな味わいに。

6. ネギとベーコンの中華スープ

鶏ガラスープの素を使った中華風のスープですが、ベーコンを加えることによって鶏+豚のよい風味が、ぐぐっと前に出ます。シャキシャキとした白ネギの歯応えが楽しくなります。ネギがクタクタにならないように注意しましょう。

牛肉と小松菜の炒め物に、ステキな副菜を加えて

小松菜と牛肉を炒め合わせるだけの簡単レシピはいかがでしたか?オイスターソースを使うのが味の決め手で、合わせ調味料にお肉を浸けてから炒めると、味がしっかりとお肉になじみます。 炒め物といっしょにスープなどの副菜があると満足感がアップしますね。中華スープの素などを使えば、卵や季節のお野菜などで簡単に作ることができるので、ハードルが低いですね。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ