作るときのコツ

固めの豆乳チーズにする場合

しっかりと固めた豆乳チーズにする場合は、適当な型やボウルにキッチンペーパーで包んだ豆乳チーズを入れ、重しをして冷蔵庫で置いておきます。数時間置いておけば、形の整った豆乳チーズになります。

無調整豆乳を使う理由

タンパク質をしっかり含んだ無調整豆乳を使うと、しっかりとした豆乳チーズができます。一方、調製豆乳は商品によってタンパク質が少なかったり、香料や油脂などの添加物が含まれています。そのため、レモン汁を加えてもチーズのようにならない場合があるので注意しましょう。 ※同じ無調整豆乳でも、メーカーや商品によって、固まり方や味わいが違ってきます。

豆乳チーズの賞味期限と保存方法

豆乳チーズの保存方法

作った豆乳チーズは、保存容器に入れるか、ラップで包んで冷蔵保存をしてください。豆乳チーズを包んでいる、ガーゼやキッチンペーパーごと、ラップで包んでもOKです。

豆乳チーズの賞味期限

作ってから2日から3日で食べきるようにしましょう。3日以内であっても、食べるときには色や臭いをチェックしてください。

豆乳チーズのおすすめの食べ方

Photo by uli04_29

リゾット・グラタン

リゾットやグラタンのトッピングとして、具材の上にのせてみましょう。豆乳チーズに、顆粒コンソメスープの素や塩コショウを加えると、リゾットやグラタンのトッピングにぴったりな、おいしい豆乳チーズになります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS